コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三昧聖 さんまいひじり

3件 の用語解説(三昧聖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三昧聖【さんまいひじり】

三昧(三昧聖)にあって火葬・埋葬や墓地の管理にあたった聖。墓守(はかもり)・御坊(おんぼう)などという。15世紀の《浄土三国仏祖伝集》にみえるが,念仏聖も含めた聖の墓所への関与はさらにさかのぼると推定され,祖とする行基(ぎょうき)やその法弟という志阿弥(しあみ)(沙弥のことか)の伝承があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんまいひじり【三昧聖】

三昧(墓所)の庵室に居住し,火葬や埋葬,墓所の管理などにあたった俗聖。一般に墓守,御坊(おんぼう)(隠坊)などと称される。墓所が三昧とよばれるようになってからの呼称であろうが,文献上の初見は15世紀はじめに書かれた聖聡の《浄土三国仏祖伝集》で,〈薩生法眼,三昧義を立つ。三昧衆と号す。今世,三昧聖是也。または御坊聖と名づく〉(原漢文)とある。宣教師ルイスフロイスも1576年(天正4)の報告書翰に〈貧窮なる兵士および保護者なき人死する時は,フジリスと称する人達のもとに遺骸を運びて焼かしむる習慣〉のあったことをのべている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三昧聖
さんまいひじり

死者の埋葬に従った下法師(げほうし)。「廟聖(びょうひじり)」ともいう。三昧とは、本来、念仏三昧・法華(ほっけ)三昧など「専心する」意であるが、平安時代以来、墓所を意味する語(五三昧(ござんまい))となり、もっぱら埋葬・墓守の事に従う者が三昧聖とよばれるようになったのである。1501年(文亀元)に前関白九条政基が和泉国(いずみのくに)日根荘(ひねのしょう)に下向、直務(じきむ)支配に当たったときの日記『政基公旅引付(まさもとこうたびひきつけ)』には、「当道(とうどう)(三昧)之儀ハ更ニ敵御方(てきみかた)之沙汰(さた)ニ及バザル也、田ノ一枚モ作ラズ、只当道ノ職バカリニテ渡世」している日根荘の三昧聖や、和泉国取石宿(とろすしゅく)の三昧堂に住んで囚人を預かる三昧聖の姿が記されている。近世には五畿内(ごきない)および近江(おうみ)・丹波の三昧聖は東大寺大勧進職(だいかんじんしき)竜松院(りゅうしょういん)の配下に置かれていた。[丹生谷哲一]
『細川涼一編『三昧聖の研究』(2001・硯文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三昧聖の言及

【火葬】より

…真宗地帯に火葬が多いが,同じ真宗でも土葬のところも多く,真宗の教義に火葬を強制するものはない。火葬の管理人には三昧聖や隠坊(おんぼう)などとよばれる専業のものが当たるところと,葬式組や講員,隣人などがなるところとがある。火葬の普及にともなって,諸国の仏教霊場,高野山や善光寺などへ分骨,納骨が行われるようになった。…

【聖】より

…半僧半俗的な沙弥(しやみ)・優婆塞(うばそく)(優婆塞・優婆夷),官寺仏教と対立していた禅師・菩薩などは奈良時代の聖であり,平安時代の聖人(しようにん)・上人(しようにん),浄土教の興隆とともに現れた阿弥陀聖や阿弥陀仏号(阿弥号)を僧名に付した民間教化者はいずれも沙弥・優婆塞的な性格を色濃くおびていた。沙弥・優婆塞的な半僧半俗性が聖の基本的性格の一つであり,近世の三昧聖もまたこの性格を継承している。都鄙の庶民を教化し,庶民仏教の展開に主導的役割を果たしたのは実にこの聖たちであった。…

※「三昧聖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三昧聖の関連キーワード住民野辺送り庵室三昧僧三昧場四種三昧納骨墓所隠亡埋葬許可証

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone