コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三柏/三槲 ミツガシワ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐がしわ〔‐がしは〕【三×柏/三×槲】

リンドウ科の多年生の水草。ミツガシワ科とすることもある。山地の湿原に自生。太い根茎が横にはい、葉は3枚の小葉からなる複葉で厚く、柄が長い。夏、葉の間から約30センチの花茎を伸ばし、白い花を総状につける。花びらは五つに裂けていて内側に毛がある。葉は苦く、健胃薬に用いる。
紋所の名。3枚のカシワの葉を葉柄を中に三方に並べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三柏/三槲の関連キーワードスリーダイヤリンドウ科健胃薬多年生水草湿原蔓柏自生五つ紋所総状複葉小葉花茎山地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android