コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三椏紙 みつまたがみ

世界大百科事典 第2版の解説

みつまたがみ【三椏紙】

ミツマタを原料とする紙。ミツマタはコウゾ(楮),ガンピ(雁皮)と並んで,現代の和紙の代表的な3原料の一つで,ガンピと同じジンチョウゲ科に属する。ガンピほど光沢はないが,ほぼ同じ3~5mmほどの長さで,優美できめの細かい紙肌をつくる。製紙原料として用いられたのは足利時代の中葉ではないかとされてきた。それは,徳川家康が1598年(慶長3)に修善寺村の紙すき文左衛門に墨印状を渡して,鳥子草(原料)として,伊豆のガンピとミツマタの伐採権を彼に与えたという,文左衛門の子孫の由緒書によって,三椏紙の始まりは慶長よりはるかにさかのぼるとしたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三椏紙
みつまたがみ

ミツマタ(三椏)の靭皮(じんぴ)繊維を原料とした紙。ミツマタは、日本、中国、東南アジアに広く分布するジンチョウゲ科の植物で、古くから紙の原料とされてきた。また万葉時代には、サキクサ(三枝)とよばれ、同じ科のガンピ(雁皮)などとともに斐紙(ひし)の原料にされていたことも考えられる。ミツマタの繊維はガンピの繊維とよく似ており、高級な上質紙をつくる。紙に関係したミツマタの名が文献に現れるのは1598年(慶長3)からで、駿河(するが)国(静岡県)や甲斐(かい)国(山梨県)の山野に自生するものを利用していたようである。栽培化されたのは天明(てんめい)年間(1781~89)で、富士山麓(さんろく)の白糸(しらいと)村(静岡県富士宮市)で農家の副業として始められた。紙は江戸市場へ送られたが、現在は全国で栽培され、証券、局紙、鳥の子、紙幣などの材料とされている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

三椏紙

みつまたがみ」と読む.ジンチョウゲ科の植物であるミツマタの靭皮繊維を主原料として漉かれた和紙.丈夫で印刷にも向くため,明治以降局紙・紙幣としても使用されている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の三椏紙の言及

【料紙】より

…文書をはじめ典籍,経典等の文字を書くときに使用する紙のこと。日本で用いられた料紙は,原料によって麻紙,楮(こうぞ)紙,斐(ひ)紙,三椏(みつまた)紙等がある。麻紙は白麻,黄麻を原料とした紙で,奈良時代から平安時代初期に多く用いられ,特に写経用として珍重された。…

※「三椏紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三椏紙の関連キーワード美作紙生漉紙民芸紙

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android