コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三百代言 サンビャクダイゲン

デジタル大辞泉の解説

さんびゃく‐だいげん【三百代言】

代言人の資格がなくて他人の訴訟談判などを扱った者。もぐりの代言人。また、弁護士をののしっていう語。
相手を巧みに言いくるめる弁舌。詭弁(きべん)。また、それを用いる者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三百代言【さんびゃくだいげん】

明治前期,代言人(弁護士の旧称)の資格なしに他人間の争いに関与し,訴訟や談判の引受けを業とした者の蔑称(べっしょう)。三百とも。三百は300文の略で,わずかな金額の意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さんびゃくだいげん【三百代言】

〔明治初期に、資格のない代言人(弁護士)をののしった語から〕 もぐりの代言人。また、弁護士をののしっていう語。
詭弁きべんを弄すること。また、その人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三百代言の関連キーワード田代 栄助ファルス田代栄助公事師蹴出す

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android