コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱電機[株] みつびしでんき

百科事典マイペディアの解説

三菱電機[株]【みつびしでんき】

三菱系の大手総合電機メーカー。1921年三菱造船(現三菱重工業)・神戸造船所の電気機械部門を分離・独立し,三菱電機を設立。1923年米ウェスティングハウス・エレクトリック社と資本提携を締結(第2次大戦により1941年解消)。
→関連項目三菱電機ビルテクノサービス[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつびしでんき【三菱電機[株]】

三菱グループの総合電機メーカー。1921年,三菱造船()(現,三菱重工業(株))の神戸にある鉱山・船舶用電機品の修理・製造を行っていた電機製作所(1906創業)を継承し,分離独立して名古屋本社の三菱電機(株)となる。22年には本社を名古屋から東京に移し,経営規模の拡大,生産品目の多様化を進める。また,23年にはアメリカのウェスティングハウス社と技術提携を行った。 第2次大戦後は戦争による諸施設の損傷や各種の経済民主化政策により重大な危機に直面したが,全社あげての再建計画の推進,朝鮮戦争契機とした重電機器の需要増加にともない順調な回復を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三菱電機[株]の言及

【機械工業】より

…白熱舎の後身である東京電気(現,東芝の前身)はアメリカのゼネラル・エレクトリック社(GE)に,1905年55%の株式を引き渡さざるをえない状態に立ち至った。さらに芝浦製作所(現,東芝の前身)も1909年にGEに資本の4分の1を,また1899年設立の日本電気はウェスタン・エレクトリック社と,1923年設立の富士電機製造(現,富士電機)はドイツのジーメンス社と,同じく三菱電機はアメリカのウェスティングハウス・エレクトリック社といずれも資本提携をして技術導入をせざるをえなかったのである。ただ1908年,日立鉱山の電気機械修理工場として設置され,後に1920年に独立した日立製作所のみは,大手企業のうち外国資本と結合をもたない唯一の企業であった。…

【コンピューター産業】より

…さらに特許関係の問題もあって,国産メーカー各社は60年12月にIBMと基本特許使用契約を結ぶとともに,IBMとの対抗上アメリカの有力メーカーとの技術提携に踏み切った。61年日立がRCA社,62年日電がハネウェル社,三菱電機がTRW社,63年沖電気がスペリーランド社,64年東芝がGE社と技術提携し,これにより国産メーカーはすばやくIBMの対抗機を販売することができた。IBMは64年にICを使った第3世代の360シリーズを発表した。…

※「三菱電機[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三菱電機[株]の関連キーワード三菱グループ

三菱電機[株]の関連情報