コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三足土器 さんそくどきSan-zu tu-qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三足土器
さんそくどき
San-zu tu-qi

中国古代の土器で,3本の脚を有するものの総称。出現は仰韶文化期と考えられ,陝西省の半坡遺跡,河南省の廟底溝遺跡などから短い脚をもつ三足土器が出現している。竜山文化期になると,袋状の脚をもつ,および実脚のなど多種の三足土器が使用される。時代には日常生活用具としての鬲,甗のほか,祭礼に用いる鼎,などの三足器が青銅で鋳造され,同じ器形のものが土器でもつくられた。生活用具としての鬲,甗などの三足土器は戦国時代に入ると急激に減少するが,礼器としての鼎は副葬品に用いられ,代まで広く土器でつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんそくどき【三足土器】

三本の足をもつ土器。各地の先史・原史時代の遺跡から出土。特に、中国の竜山文化時代に盛行した鬲れき・鼎ていなど。のち青銅器製となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三足土器の関連キーワード原史時代城子崖三つ遺跡れき出土先史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android