上九一色[村](読み)かみくいしき

世界大百科事典 第2版の解説

かみくいしき【上九一色[村]】

山梨県南部,西八代郡の村。人口1779(1995)。村名は中世九一色郷にちなむ。南は静岡県に接する。北部御坂山地東西に走り,南部は富士山北麓にあたる。村域の大部分山林で,かつては木炭生産が主体であったが,現在はシイタケナメコ栽培に代わり,森林の開発・利用に力を入れている。第2次世界大戦後開拓された富士ヶ嶺地区では,大規模な牧場経営が行われ,乳用牛,肉用牛が放牧されている。近年は繊維精密機械などの工場を中心に工業製品の出荷額が増加している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android