コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上北[町] かみきた

百科事典マイペディアの解説

上北[町]【かみきた】

青森県東部,三本木原北部と小川原(おがわら)湖を占める上北郡の旧町。古くは馬産地として有名であった。米,ナガイモ葉タバコなどを産する。東北本線が通じる。2005年3月東北町へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみきた【上北[町]】

青森県東部,上北郡の町。人口1万0078(1995)。小川原湖南西岸,三本木原北部の台地と七戸川の沖積地からなり,三沢市十和田市に接する。台地は古くから馬産地として知られた。第2次世界大戦後馬産は衰え,一時テンサイの栽培が盛んであったが,近年はタバコ,ナガイモの生産が多い。七戸川下流は低湿地が多く,1948‐66年に菱沼,甲田沼などの国営干拓事業により開田され,栄沼などの集落が生まれた。偏東風(やませ)による冷害がしばしば生じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android