東北町(読み)とうほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東北〔町〕
とうほく

青森県東部,小川原湖の西岸にある町。 1963年甲地 (かつち) 村が改称して町制。 2005年上北町と合体。町域の大部分を三本木原の台地が占める。 1956年から国営で機械による大規模な開拓が始まり,ブタと乳牛の飼育が行なわれるようになった。小川原湖ではシジミワカサギなどが漁獲される。 JR東北本線と国道4号線,394号線が通る。面積 326.5km2。人口 1万7955(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東北町の関連情報