コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上日 ジョウジツ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じつ〔ジヤウ‐〕【上日】

月の第1日。ついたち。
じょうにち(上日)

じょう‐にち〔ジヤウ‐〕【上日】

古代、官人の出勤した日。また、その日に出勤すること。じょうじつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうにち【上日】

日本古代の律令官人の出勤日数。〈つかえたるひ〉ともよむ。毎年の勤務評定をうける前提条件であり,評定対象になる官人のうち,内・外長上(ちようじよう)は年間に240日以上,交替勤務する分番は140日以上,また有品(うほん)親王の公的従者である帳内,五位以上の貴族官人の公的従者である資人は,ともに200日以上の出勤を必要とした。欠ければ,その年度は評定の対象外とされた。毎年の評定書である考文(こうもん)や,一定年数の総合評定書で,恒常的な叙位に結びつく選文(せんもん)には,毎年の上日や合計出勤日数が記載された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうじつ【上日】

月の第一日。ついたち。

じょうにち【上日】

〔「じょうじつ」とも〕
古代、官人の当番の日。出勤する日。また、その日数。 ⇔ 下日かじつ
出勤すること。 「京より-の輩下りて/十訓 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上日の言及

【上日】より

…欠ければ,その年度は評定の対象外とされた。毎年の評定書である考文(こうもん)や,一定年数の総合評定書で,恒常的な叙位に結びつく選文(せんもん)には,毎年の上日や合計出勤日数が記載された。また在京の諸司および大宰府,壱岐(いき),対馬(つしま)の職事官(しきじかん)たちは,毎年,8月から翌年正月,2月から7月までに,それぞれ120日以上の出勤が記載されると,季禄として,春夏の禄,秋冬の禄が支給された。…

※「上日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上日の関連キーワード東京海上ホールディングス(株)ミレアホールディングス[株]日動火災海上保険[株]東京海上火災保険[株]Secret Code東京海上日動火災保険富山県氷見市朝日本町損保ジャパン日本興亜あんしんセエメエ田中メモランダム和歌山のマグロ東京海ジョー星のヨーデル揚水式発電血盟団事件八王子滝山氷見(市)前田虎雄販売予算ついたち

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上日の関連情報