コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季禄 きろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

季禄
きろく

令制官人給与の制。文武の京官大宰府壱岐,対馬の官人に限り,出勤日数 120日以上の者に,官位に従って支給される。これを賜の儀と称し,年2回に分けて実施する。春夏は8~正月の間の分で2月上旬に,秋冬は2~7月の分で8月上旬にそれぞれ支給される。禄の内容はあしぎぬ,綿,布,鍬の4種で,春夏の2季は糸をもって綿に代え,秋冬の2季は鉄をもって鍬に代えて支給する。京官は大蔵省が支給,大宰府,壱岐,対馬の官人には大宰府で支給し,京官で地方官を兼ねる場合には,その兼国で支給し,数官兼帯の場合はそのうち最も高い位階の季禄を支給した。奈良時代の和銅4 (711) 年には銭を支給した例もあるが,季禄の制は 10世紀頃から次第に衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きろく【季禄】

日本古代の律令官人の基本的な給与制度の一つ。同系列の給与に宮人の禄,皇親の時服がある。支給される範囲は在京の官人で正一位から少初位に至る官位に相当する長上官(常勤官職)に任用されている者と,その他の長上官の一部(内舎人兵衛,別勅才伎)を対象とした。在京の官人以外では大宰府官人および壱岐・対馬の嶋司が対象となり,また薩摩国司に支給した例もある。支給される資格はその年の8月から翌年正月まで(ないしは2月から9月まで)のおのおの半年間に120日以上出勤することを条件とし,春夏の禄は2月,秋冬の禄は8月に支給された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きろく【季禄】

律令制で官人に与えられた俸禄。春秋二季に分け、位階に応じて絁あしぎぬ・布・綿・糸・鍬くわなどが支給された。一〇世紀以後次第に衰退し消滅した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

季禄
きろく

律令(りつりょう)制における俸禄の一種。養老(ようろう)令の禄令の規定によれば、在京の文武の職事官(しきじかん)(官位令に官位相当が定められている、諸官庁の四等官クラスのポストについている者)および大宰府(だざいふ)・壱岐(いき)・対馬(つしま)の職事官に対して、その在任するポストの相当位に応じて支給された。1年を二分し、春・夏の禄は2月上旬に、秋・冬の禄は8月上旬にそれぞれ給されるが、支給される月以前の半年間の出勤日数が120日に達しない場合には支給されない。禄物の内容は(あしぎぬ)・綿・布・鍬(くわ)であるが、春・夏の禄では綿にかえて糸が、秋・冬の禄には鍬にかえて鉄が支給された。これらの季禄の財源は、大蔵省に納められる諸国よりの調庸物をもって充当した。[吉岡眞之]
『高橋崇著『律令官人給与制の研究』(1970・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の季禄の言及

【職事】より

…そして官司機構に参加する女性たちの総称である宮人(くにん)のうち,後宮の十二女司の主要な職員である掌(しよう)以上は〈職事〉とされ,そのほかの宮人たちをさす散事(さんじ)と区別された。その在京の文武職事および大宰府,壱岐・対馬嶋の職事官は,半年ごとに120日以上出勤すると,それぞれの官位によって季禄(きろく),つまり春夏禄・秋冬禄をあたえられた。また宮人の職事は,尚蔵は正三位に准じ,典書・典酒は従八位に准ずるなど,季禄を支給する准位が規定されていたが,その准位には変遷があった。…

※「季禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

季禄の関連キーワード月借銭諸司領射礼外官官田俸禄散位別納家令

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android