コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上板[町] かみいた

2件 の用語解説(上板[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上板[町]【かみいた】

徳島県北東部,板野郡の町。主集落は撫養(むや)街道沿いの要地として発達した鍛冶屋原(かじやばら)。文化年間以降サトウキビが栽培され,今も砂糖は〈阿波三盆〉と呼ばれる特産物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かみいた【上板[町]】

徳島県北東部,板野郡の町。人口1万2721(1995)。徳島平野中央部,吉野川北岸に位置し,讃岐山脈南斜面と,泉谷川などにより形成された扇状地,宮川内谷川と吉野川の沖積平野の3地域からなる。古くからサトウキビの栽培が盛んで,精製された砂糖は〈和三盆(わさんぼん)〉とよばれ,アイと並ぶ阿波の特産として全国に知られた。現在も全国各地の銘菓の原料として珍重される。また米を中心に,施設園芸,畜産,果樹などの複合経営を行う農家が多く,県農業の中核地域となっており,県畜産試験場,県果樹試験場分場などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上板[町]の関連キーワード田川宇陀尾花沢小松島庄原匝瑳高萩徳島曽於岸鶴汀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone