(読み)ちゅう

精選版 日本国語大辞典「宙」の解説

ちゅう チウ【宙】

〘名〙
① そら。大空。宇宙。虚空。また、地面から離れた空間。空中。
※平家(13C前)二「馬よりとって引おとし、ちうにくくって西八条へさげて参る」
※真鶴(1920)〈志賀直哉〉「三浦半島が遠く薄暮の中に光った水平線から宙へ浮んで見られた」
② 経過する時間。無限の時間。古往今来。〔淮南子‐斉俗訓〕
③ 音声・文字などの助けを借りないで、記憶や勘だけにたよること。そら。
※信長公記(1598)一二「一切経の内、何れの所に如何様の文字これありと、中にて申す程の物知りの由候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宙」の解説

ちゅう【宙】[漢字項目]

[音]チュウ(チウ)(漢)
学習漢字]6年
果てしない大空。「宇宙
[名のり]おき・ひろし・みち

ちゅう〔チウ〕【宙】

そら。大空。また、地面から離れた所。空中。「胴上げでからだがに舞う」
そらで覚えていること。暗記していること。「小説の一節をで言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android