青天井(読み)アオテンジョウ

  • あおてんじょう あをテンジャウ
  • あおてんじょう〔あをテンジヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 青空を、天井に見立てていうことば。青空。また、屋外。野天。露天。
※洒落本・田舎芝居(1787)三立「舞台の上と桟敷の上ばかり、杉皮にて屋根を葺(ふき)、落間の上は青天井(アホテンゼウ)
② 転じて、天上界や天道様などを寓していう。
※談義本・銭湯新話(1754)五「拾れぬは金銀とかく青天井(アヲテンジャウ)から指図次第がよさそふなり」
③ 相場が果てしなく上がる状態や、金額などに上限のないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青天井の関連情報