上米(読み)あげまい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上米
あげまい

江戸時代、財政窮乏を理由に、幕府が諸藩に、また藩主が家臣に対して課した献上米。享保(きょうほう)の改革の一施策として、1722年(享保7)8代将軍徳川吉宗(よしむね)が諸大名に課した例が有名である。これは1万石につき100石の上米を命じたものであったが、この制度の施行により幕府は年間18万7000石の上納米を得た。この額は当時の幕府収入の約1割3分にあたり、旗本、御家人(ごけにん)への給米の5割強を占めたといわれる。しかしこの制度が、参勤交代制の江戸在府期間の半減化(1年を半年に短縮)を伴ったものであったため、家康以来の祖法を変えると反対する意見も多かった。このため幕府財政がいちおう安定した1731年(享保16)に廃止され、参勤交代制も旧に復した。

[大石 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

じょう‐まい〔ジヤウ‐〕【上米】

上等の

うわ‐まい〔うは‐〕【上米】

寺社へ寄進した年貢米の一部。
江戸時代、米穀などの輸送物資に課した通過税
仕事や売買の仲介をする者が取る、賃金や代金などの一部。手数料。うわまえ。
「―に取り上げ、十分一(じゅうぶいち)も我々が手に付けさせず」〈・国性爺後日〉

あげ‐まい【上米】

江戸時代、幕府の財政窮乏を救うための政策享保7~16年(1722~1731)に実施。大名から石高1万石について百石ずつの米を上納させ、代わりに、諸大名参勤交代江戸に在住する期間を半年に短縮した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ‐まい うは‥【上米】

〘名〙
① 古く、寺社が年貢米の幾分を初穂として寄進させた米。じょうまい。口米(こうまい・くちまい)
※施無畏寺文書‐二・明応九年(1500)九月一八日・藤原則泰田地寄進状「毎年足四百文、為上米沙汰可有者也」
② 通行税の一種。近世、諸国の年貢米が神領などを通過する時に運送船から取った金。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「毎日の入舟判金一枚ならしの上米(ウハマイ)ありといへり」
③ 仕事や売買などの仲介をする者がはねる、代金・賃金の一部。また、それを取ること。うわまえ。
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)三「それ、其真先な瞟(ひがら)めがうはまいに取上、十分一も我々が手に付させず」

あげ‐まい【上米】

〘名〙
① 中世、領主の特定の用途のため荘園から毎年上納される米。
※長命寺文書‐応安六年(1373)四月一三日・行房貞安連署契約状「然於彼田地上米者、為灯油料脚、御寄附于長命寺後、于今無違論地也」
② 江戸時代、幕藩領主の財政窮乏を緩和する目的で、幕府が諸大名に、諸藩主が家臣に課した上納米。幕府は将軍吉宗の享保七年(一七二二)諸大名の参勤交代を緩和し、その代償として知行一万石に百石の割で上納させた(享保一六年廃止)。尾張藩では元祿初年から藩士に対し、高百石に二石前後を断続的に課した。〔御触書寛保集成‐三〇・享保七年(1722)七月〕

じょう‐まい ジャウ‥【上米】

〘名〙 上等の米。よい米。また、正米(しょうまい)を取引する時の標準の値段をつけるため、上中下の三段階に分けた、その上に当たる米。
※譬喩尽(1786)三「鼠臭ひ飯といふことあり上米(ジャウマイ)の飯をいへり 訳不解」
※太政官(1915)〈上司小剣〉二「俺んとこの米は鮓米の上等よりまだ上等や、俺は其の上米さへ喰うてるとええんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上米
あげまい

江戸幕府が諸藩に対し,また家臣に対して上納させた米。享保の改革の際,幕府財政再建のため諸藩に1万石につき 100石の割合で差出させ,その見返りとして,諸大名の参勤交代で江戸に在府する期間を半分にし,負担を緩和したのが,有名な上米の制である。諸藩にも,財政難解決の手段として家臣の俸禄米の一部を上納させる上米,役米,半知,借知などの制度があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

上米
あげまい

江戸中期,享保の改革の一政策
8代将軍徳川吉宗が,1722(享保7)年幕府の財政難打開の緊急措置として実施。大名に石高1万石につき100石ずつの米を幕府に上納させ,かわりに参勤交代での江戸滞在期間を半年に半減するもので,いちおうの効果をあげ '31年廃止。諸藩でもこれ以前から家臣の俸禄の一部を上納させた例がある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディアの解説

上米【あげまい】

1722年,徳川宗が幕府財政の窮乏を救うため,享保改革の一つとして諸大名から1万石につき100石の割合で上納させた米。この代償として大名の参勤交代制を緩和,在府期間を半減し,半年在府・1年半在国とした。1731年廃止され,参勤交代もに復した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あげまい【上米】

江戸幕府が1722年(享保7)7月から財政難を切り抜けるため,諸大名に対して高1万石につき100石の割合で上納させた米。元禄以来,破綻をきたした幕府財政は,22年に至り旗本御家人の切米・扶持米支給にも窮したので,享保改革の年貢増徴・新田開発の効果があがるまでの応急措置として上米が行われた。米は春秋2度に半分ずつ,大坂か江戸の米蔵に納入し,米で納められないときは張紙値段による金納とした。上米総額は年間18万7000石余で,この代償として参勤交代の江戸在府期間が半減され,外様譜代の区別なく3月,9月交代とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android