コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下松[市] くだまつ

百科事典マイペディアの解説

下松[市]【くだまつ】

山口県南東部の市。1939年市制。笠戸湾に面し山陽本線が通じる中心市街は藩政時代製塩地として発達,第1次大戦を機に工業都市となった。車両,石油造船火力発電などの重工業を主とし周南工業地域の一中心をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くだまつ【下松[市]】

山口県南東部,周防灘沿岸の笠戸湾に臨む工業都市。1939年市制,54年米川村を編入。人口5万3471(1995)。南部の沿岸の宮ノ洲古墳は4面の舶載鏡を出土した前期古墳として知られる。南西部の末武平野には古代条里制の遺構が広範囲に残る。《和名抄》の生屋郷は山陽道に沿う花岡,生野屋付近にあたり,近世萩藩の都濃宰判勘場(代官所)のおかれた花岡は宿駅市場町として栄えた。花岡八幡宮の閼伽井(あかい)坊の塔婆(多宝塔)は重要文化財で室町期の繊麗な手法を伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

下松[市]の関連キーワード笠戸島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android