コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下間少進 しもつましょうしん

3件 の用語解説(下間少進の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下間少進
しもつましょうしん

[生]天文20(1551)
[没]元和2(1616).5.15.
本願寺坊官,能役者。本名下間仲孝 (なかたか) 。下間家は本願寺譜代の家臣で,少進は織田信長の信頼あつく,天正 10 (1582) 年法印に昇進。それまで岳父下間丹後光頼から観世系の芸を習っていたが,この頃から金春太夫岌蓮 (ぎゅうれん) に師事,金春流の大事を次々と伝授され,生涯に 1200番近い能を演じるなど,くろうとをしのぐ活躍ぶりを示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下間少進 しもつましょうしん

下間仲孝(しもつま-なかたか)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しもつましょうしん【下間少進】

1551‐1616(天文20‐元和2)
本願寺坊官で素人能役者。幼名千代寿。本名仲孝。頼之,仲之,仲康などとも称する。法名性乗。少進は俗官名。下間家は本願寺譜代の家臣で,父の法橋述頼(1534‐75)は,本願寺支配下の加賀・越前両国の代官職であった。仲孝は1566年(永禄9)16歳で法橋に叙せられ(《地下家伝》),織田信長との石山合戦(石山本願寺一揆)が開始された70年(元亀1)以降,しだいに寺中に頭角をあらわし,信長との和平が成った80年(天正8)には本願寺を代表する三年寄の一人として,和平誓紙に連判するまでになっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下間少進の関連キーワード湛如上人西本願寺能役者本願寺派本派本願寺お西本願寺新報金春喜勝蓮位下間氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone