コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下風呂温泉 しもふろおんせん

3件 の用語解説(下風呂温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下風呂温泉
しもふろおんせん

青森県北部,下北半島の北岸,風間浦村にある温泉。津軽海峡を望む閑静な温泉。泉質は硫黄泉。泉温は 80℃。下北観光の拠点の1つとして観光客や釣り客が多い。沿岸ではイカ漁が盛んである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕下風呂温泉(しもふろおんせん)


青森県下北(しもきた)半島北部、風間浦(かざまうら)村にある行楽・保養向きの温泉。津軽(つがる)海峡に面する。本州最北端の大間(おおま)崎まで18km。沖合はイカ釣り舟の漁(いさ)り火()が美しい。井上靖(いのうえやすし)の小説『海峡』の舞台。含硫黄‐ナトリウムカルシウム‐塩化物・硫酸塩泉硫化水素型)。泉温80℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下風呂温泉
しもふろおんせん

青森県北東部、下北郡風間浦(かざまうら)村にある温泉。下北半島の北岸、津軽海峡に臨む。室町時代から切り傷や皮膚病に特効があることで知られた。井上靖(やすし)の小説『海峡』の舞台ともなった。泉質は硫黄泉。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下風呂温泉の関連情報