不在者(読み)ふざいしゃ(英語表記)absentee

翻訳|absentee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不在者
ふざいしゃ
absentee

従来の住所または居所を去って容易に帰来する見込みのない者。従来の住所または居所にある不在者の財産が管理されないで放置されている場合などには,不在者本人や,その債権者など利害関係者の利益を守るため,国家が管理者を任免するなど必要な措置をとりうることになっている。不在者が財産の管理人をおいていない場合や,不在者のおいた財産の管理人の権限が消滅した場合は,利害関係者や検察官の請求によって家庭裁判所は不在者の財産管理人の選任,その他財産管理に必要な処分を命じることができ (民法 25) ,また不在者が財産管理人をおいている場合でも,不在者の生死が不明なときは,利害関係者または検察官の請求によって,家庭裁判所が財産管理人を改任できる (26条) 。なお不在者の生死不明の状態が長く (普通7年間) 続けば,家庭裁判所は失踪宣告ができる (30条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふざいしゃ【不在者】

民法では住所を離れて長期間帰って来る見込みのない者をいう(民法25条)。たとえば,家出をして所在不明になった者とか,いわゆる蒸発をしてしまった者とか,借金に追われて夜逃げをしてしまった者とかがこれに該当する。不在者が財産を残していたときに,その財産をどのように管理すべきかが法律上問題となる。不在者がだれかに管理を委託しておいた場合にはその者が管理すれば足りるが,そうでない場合には財産が放置されることとなり,不在者と利害関係を有する者にとって不利益を生ずることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不在者の関連情報