コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両毛線 りょうもうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両毛線
りょうもうせん

小山 (栃木県) と新前橋 (群馬県前橋市) とを結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 84.4km。 1889年両毛鉄道により全通日本鉄道と合併を経て 1906年国有化された。伊勢崎桐生足利,栃木などの都市を中心とする機業地域を結ぶ。 87年民営化。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

両毛線【りょうもうせん】

栃木県小山(おやま)〜群馬県新前橋間のJR線。営業キロ84.4km。1889年日本鉄道・両毛鉄道により全通,1906年国有化。現在はJR東日本に属し,前橋伊勢崎桐生足利佐野などの諸都市を結ぶ。
→関連項目日本鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうもうせん【両毛線】

東北本線小山(おやま)駅から足利,桐生をへて上越線新前橋駅に至る84.4kmのJR東日本線。前橋,伊勢崎,桐生等を中心とする製糸,機業製品の輸送を目的として両毛鉄道の手により建設されたもので,1888年5月小山~足利間が,同年11月桐生までがそれぞれ開業し,89年11月小山~前橋間が全通,翌12月には利根川橋梁の完成によって日本鉄道の高崎駅と連絡した。両毛鉄道は1887年7月に設立されたものの,建設工事いっさいは日本鉄道の支線として国が行い,開業後の線路の保守,営業その他いっさいの業務は日本鉄道に委託した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両毛線
りょうもうせん

東日本旅客鉄道の線路名称。小山(おやま)(栃木県)―新前橋(群馬県)間、84.4キロメートル。全線直流電化。岩舟(いわふね)―佐野間および駒形(こまがた)―前橋間を除いて単線(複線化率16.9%)。関東平野の北部を東西方向に結び、栃木、佐野、足利(あしかが)、桐生(きりゅう)、伊勢崎(いせさき)、前橋などの都市を連ねている。江戸時代から機業地として知られていたこの地域を相互に連絡する目的で1888~1889年(明治21~22)両毛鉄道によって開業(新前橋―前橋間の一部は1884年に日本鉄道により開業)、日本鉄道への統合を経て、1906年(明治39)国有化、1909年、線路名称の制定によって両毛線となった。この時点では小山―高崎間を両毛線としたが、1957年(昭和32)新前橋―高崎間を上越線に編入して現在の区間となった。多くの列車は高崎まで直通するほか、一部列車は高崎線に乗り入れ、東京方面へ直通する。1968年全線の電化を完成した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴って、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

両毛線の関連キーワード足利学校跡〈聖廟及び附属建物を含む〉二子山古墳〈群馬県前橋市文京町〉八幡山古墳〈群馬県〉足利氏宅跡〈鑁阿寺〉太平山(栃木県)小俣(栃木県)東日本旅客鉄道群馬県みどり市群馬県伊勢崎市笠懸(旧町名)西鹿田中島遺跡上野東京ライン伊勢崎[市]上野国分寺跡みどり[市]群馬県高崎市群馬県桐生市小山(市)笠懸[町]岩舟[町]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両毛線の関連情報