コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両毛線 りょうもうせん

4件 の用語解説(両毛線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両毛線
りょうもうせん

小山 (栃木県) と新前橋 (群馬県前橋市) とを結ぶ鉄道。 JR東日本。全長 84.4km。 1889年両毛鉄道により全通,日本鉄道と合併を経て 1906年国有化された。伊勢崎,桐生,足利,栃木などの都市を中心とする機業地域を結ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

両毛線【りょうもうせん】

栃木県小山(おやま)〜群馬県新前橋間のJR線。営業キロ84.4km。1889年日本鉄道・両毛鉄道により全通,1906年国有化。現在はJR東日本に属し,前橋伊勢崎桐生足利佐野などの諸都市を結ぶ。
→関連項目日本鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうもうせん【両毛線】

東北本線小山(おやま)駅から足利,桐生をへて上越線新前橋駅に至る84.4kmのJR東日本線。前橋,伊勢崎,桐生等を中心とする製糸,機業製品の輸送を目的として両毛鉄道の手により建設されたもので,1888年5月小山~足利間が,同年11月桐生までがそれぞれ開業し,89年11月小山~前橋間が全通,翌12月には利根川橋梁の完成によって日本鉄道の高崎駅と連絡した。両毛鉄道は1887年7月に設立されたものの,建設工事いっさいは日本鉄道の支線として国が行い,開業後の線路の保守,営業その他いっさいの業務は日本鉄道に委託した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両毛線
りょうもうせん

東日本旅客鉄道の線路名称。小山(おやま)(栃木県)―新前橋(群馬県)間、84.4キロメートル。全線直流電化。岩舟(いわふね)―佐野間および駒形(こまがた)―前橋間を除いて単線(複線化率16.9%)。関東平野の北部を東西方向に結び、栃木、佐野、足利(あしかが)、桐生(きりゅう)、伊勢崎(いせさき)、前橋などの都市を連ねている。江戸時代から機業地として知られていたこの地域を相互に連絡する目的で1888~1889年(明治21~22)両毛鉄道によって開業(新前橋―前橋間の一部は1884年に日本鉄道により開業)、日本鉄道への統合を経て、1906年(明治39)国有化、1909年、線路名称の制定によって両毛線となった。この時点では小山―高崎間を両毛線としたが、1957年(昭和32)新前橋―高崎間を上越線に編入して現在の区間となった。多くの列車は高崎まで直通するほか、一部列車は高崎線に乗り入れ、東京方面へ直通する。1968年全線の電化を完成した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴って、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両毛線の関連キーワード小山市小山田バル小山ふじおやま小山の花火小山荘栃木県小山市小山東京都町田市小山町小山氏政小山養快

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両毛線の関連情報