コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩舟 いわふね

大辞林 第三版の解説

いわふね【岩舟】

栃木県南部、下都賀しもつが郡の町。建築用の岩舟石を特産。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩舟
いわふね

栃木県南部,栃木市西部の旧町域。下野平野の南西部に位置する。1956年岩舟村,小野寺村,静和村の 3村が合体して岩舟村となり,1962年町制を施行し岩舟町となった。2014年栃木市に編入。北部は太平山の丘陵地で岩舟石を産するほか,ナシ,苗木,ブドウなどが特産高勝寺,本殿が国指定重要文化財の村檜神社(むらひじんじゃ)などがある。地域の一部は太平山県立自然公園唐沢山県立自然公園に属する。JR両毛線が通る。面積 46.74km2。人口 1万8241(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩舟
いわふね

栃木県南部、下都賀(しもつが)郡にあった町(岩舟町(まち))。現在は栃木市の南西部に位置する一地区。旧岩舟町は1962年(昭和37)町制施行。2014年(平成26)栃木市に編入。JR両毛(りょうもう)線と東武鉄道日光線が通じ、国道50号も東西に横断する。東北自動車道と北関東自動車道が接続する岩舟ジャンクションがある。1972年の国道50号のバイパスと、東北自動車道の開通により、都市近郊型農業の果樹、野菜、施設園芸、畜産などが盛んとなった。岩船山では凝灰岩を採掘。縫製工業や土管、食料品の製造とともに、最近では電気器機と金属製品の生産額が多くなった。慈覚(じかく)大師ゆかりの大慈(だいじ)寺や藤原秀郷(ひでさと)が戦勝祈願をしたといわれる村檜(むらひ)神社(本殿は国指定重要文化財)などもある。旧岩舟町の人口は1万8241(2010年国勢調査)。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩舟の関連キーワード栃木県下都賀郡岩舟町下津原栃木県下都賀郡岩舟町曲ケ島栃木県下都賀郡岩舟町五十畑栃木県下都賀郡岩舟町小野寺栃木県下都賀郡岩舟町古江栃木県下都賀郡岩舟町新里栃木県下都賀郡岩舟町三谷栃木県下都賀郡岩舟町畳岡栃木県下都賀郡岩舟町鷲巣栃木県下都賀郡岩舟町静戸栃木県下都賀郡岩舟町和泉栃木県下都賀郡岩舟町下岡栃木県下都賀郡岩舟町上岡栃木県下都賀郡岩舟町静和栃木県下都賀郡岩舟町静栃木県下都賀郡岩舟町島根県安来市岩舟町北関東自動車道栃木県下都賀郡みかも山公園

岩舟の関連情報