コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島三甫右衛門(初代) なかじま みほえもん

2件 の用語解説(中島三甫右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島三甫右衛門(初代) なかじま-みほえもん

?-1762 江戸時代中期の歌舞伎役者。
初代中島勘左衛門の門弟。中島勘四郎,中島三保右衛門から,享保(きょうほう)2年ごろ三甫右衛門とあらためる。江戸公家悪(くげあく)の随一とされた。森田座の頭取をつとめ,鬚鬘(ひげかずら),糸鬢(いとびん)を創案。宝暦12年3月23日死去。俳名は重笠(ちょうりつ),笠子(さんし)。屋号は中島屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中島三甫右衛門(初代)

没年:宝暦12.3.23(1762.4.17)
生年:生年不詳
江戸中期の歌舞伎役者。俳名重笠,笠子。屋号中島屋。初代中島勘左衛門の門下で,初め中島勘四郎の名で江戸湯島天神宮地芝居を勤めた。正徳3(1713)年山村座に中島三保右衛門と名乗って出勤,同6年ごろから三甫右衛門と改めた。勘左衛門,団十郎の真似といわれることもあったが,享保2,3(1717,18)年から急速に評判を取り,江戸根生の実悪として山中平九郎,初代大谷広右衛門と並び称された。元来恐ろしげな容貌であったといい,特に公家悪を得意とした。鬚鬘を創案した人物であり,また宝暦9(1759)年からは森田座の頭取を勤めた。三甫右衛門の名跡は,6代目まで続き,江戸時代の5代目まではいずれも敵役,実悪の役者であった。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1・2期,『古今役者大全』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

中島三甫右衛門(初代)の関連キーワードビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門井波彫刻

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone