中島三甫右衛門(読み)なかじまみほえもん

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎俳優。6世まである。(1)初世(?‐1762(宝暦12)) 初世中島勘左衛門の弟子。小芝居から出て,1717年(享保2)三甫右衛門を名のり,翌々年には実悪(じつあく)の上上吉にまで上る。容貌魁偉大声を発し,《暫》のウケなど公家悪名人であった。鬚鬘(ひげかずら)の創始者。(2)2世(1724‐82∥享保9‐天明2) 初世の実子。父の死後三甫右衛門を相続。〈湯島天幸〉といわれ,実悪の立物。おかしみを加えた芸風

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎(かぶき)俳優。6世まであるが、初世、2世が有名。屋号は代々中島屋。

[服部幸雄]

初世

(?―1762)初め小芝居に出ていたが、1713年(正徳3)以後江戸の大芝居で実悪(じつあく)の名人として活躍した。『暫(しばらく)』のウケなどの公家悪(くげあく)をもっとも得意とし、容貌(ようぼう)の恐ろしさや台詞(せりふ)の鋭さには定評があった。鬚鬘(ひげかずら)や糸鬢(いとびん)は彼の考案したものという。

[服部幸雄]

2世

(1724―82)初世の子。1762年(宝暦12)冬、中島三甫蔵から2世を継いだ。初世同様、公家悪に長じた実悪役者で、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の時平(しへい)は当時天下一品と激賞されている。

[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android