コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島三甫右衛門 なかじまみほえもん

2件 の用語解説(中島三甫右衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なかじまみほえもん【中島三甫右衛門】

歌舞伎俳優。6世まである。(1)初世(?‐1762(宝暦12)) 初世中島勘左衛門の弟子。小芝居から出て,1717年(享保2)三甫右衛門を名のり,翌々年には実悪(じつあく)の上上吉にまで上る。容貌魁偉で大声を発し,《暫》のウケなど公家悪の名人であった。鬚鬘(ひげかずら)の創始者。(2)2世(1724‐82∥享保9‐天明2) 初世の実子。父の死後三甫右衛門を相続。〈湯島の天幸〉といわれ,実悪の立物。おかしみを加えた芸風。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島三甫右衛門
なかじまみほえもん

歌舞伎(かぶき)俳優。6世まであるが、初世、2世が有名。屋号は代々中島屋。[服部幸雄]

初世

(?―1762)初め小芝居に出ていたが、1713年(正徳3)以後江戸の大芝居で実悪(じつあく)の名人として活躍した。『暫(しばらく)』のウケなどの公家悪(くげあく)をもっとも得意とし、容貌(ようぼう)の恐ろしさや台詞(せりふ)の鋭さには定評があった。鬚鬘(ひげかずら)や糸鬢(いとびん)は彼の考案したものという。[服部幸雄]

2世

(1724―82)初世の子。1762年(宝暦12)冬、中島三甫蔵から2世を継いだ。初世同様、公家悪に長じた実悪役者で、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の時平(しへい)は当時天下一品と激賞されている。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島三甫右衛門の関連キーワード市川左団次大名題音羽屋尾上梅幸歌舞伎子歌舞伎役者名題下成田屋播磨屋芳沢あやめ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone