コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村又五郎 なかむらまたごろう

3件 の用語解説(中村又五郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中村又五郎【なかむらまたごろう】

歌舞伎俳優。二代目。屋号播磨屋。父の初代又五郎が早く没したため,初代中村吉右衛門に預けられ,芸の指導を受けた。脇役に徹して,時代物世話物を問わず女形から若衆,老役,婆役まで多彩な芸域を持ち,軽妙洒脱な役から重厚な役どころまで当代随一の名脇役の名をほしいままにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらまたごろう【中村又五郎】

歌舞伎俳優。屋号播磨屋。(1)初世(1885‐1920∥明治18‐大正9) 本名中村庄次郎。京都に生まれ,1889年中村正太郎の名で初舞台。98年中村又五郎と改名。東京の子供芝居の座頭格で,初世中村吉右衛門と人気を分かった。1906年名題昇進。その後2世市川左団次一座に加わる。1917年浅草公園劇場に移ってからは小芝居のスターだったが,若くして世を去った。容姿がすぐれ,和事がよく,新作でも評判が高かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村又五郎
なかむらまたごろう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号播磨(はりま)屋。[服部幸雄]

初世

(1885―1920)京都生まれ。1890年(明治23)中村正太郎の芸名で初舞台。1898年中村又五郎と改名して東京・新富(しんとみ)座の子供芝居の座頭(ざがしら)を勤め、初世中村吉右衛門(きちえもん)と並んで人気をとる。1917年(大正6)以後は浅草の公園劇場に移り、小芝居の花形俳優として活躍したが、1920年に早世した。容姿に優れ、とくに和事(わごと)に適した。[服部幸雄]

2世

(1914―2009)本名中村幸雄。初世の長男。東京生まれ。6歳で父を失い、翌1921年(大正10)2世又五郎の名で初舞台。名子役と評判された。長じては中村吉右衛門劇団の中堅幹部として立役(たちやく)から女方(おんながた)まで幅広い役柄で活躍。1961年(昭和36)から、8世松本幸四郎(後の白鸚(はくおう))らとともに東宝に移籍。国立劇場の俳優養成の主任講師としても情熱的に指導にあたる。1997年(平成9)、脇役(わきやく)として重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定された。[服部幸雄]
『池波正太郎著『又五郎の春秋』(中公文庫) ▽中村又五郎・山田五十鈴著『芝居万華鏡』(1982・中央公論社)』
「『中村又五郎による 歌舞伎の世界』全5巻(1996・バンダイビジュアル株式会社)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村又五郎の関連キーワード中村時蔵尾上菊五郎(六代)市川左団次歌舞伎子歌舞伎役者中村勘三郎中村富十郎名題下成田屋播磨屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村又五郎の関連情報