コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村梅玉(2代) なかむら ばいぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村梅玉(2代) なかむら-ばいぎょく

1842*-1921 幕末-大正時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)12年12月28日生まれ。藤岡仙菊,初代中村玉七に入門。3代中村福助をへて,明治40年2代梅玉を襲名。時代物世話物を得意とし,関西の中心役者として活躍した。大正10年6月8日死去。81歳。京都出身。本名は笹木徳数。初名は藤岡菊太郎。前名は中村玉蔵,三桝他人(みます-たにん)(5代)。俳名は三雀,鶯声。屋号は高砂屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村梅玉(2代)

没年:大正10.6.8(1921)
生年:天保12.12.28(1842.2.8)
幕末から明治大正期の歌舞伎役者。京都の生まれ。本名笹木徳数。初め藤岡菊太郎から中村玉蔵,三枡他人を名乗る。俳名三雀。屋号高砂屋。大坂の子供芝居,中芝居で修業したのち,明治1(1868)年3代目福助を襲名。14年中座で上演の3代目勝諺蔵作「日蓮大士真実伝」の日蓮上人役で大当たりした。競争相手が相次いで没し,30年代からは初代中村鴈治郎と関西劇壇を支える立場となる。明治40年67歳で梅玉となり,81歳で神戸で没した。容姿が立派で演技は重厚,時代物,世話物共によく,立役,女形を兼ねたが,温和な性格で悪人役には不向きだった。梅玉の初代は3代目中村歌右衛門が名乗り,4代目は大正昭和期の名優,平成期に5代目が活躍。<参考文献>高谷伸『明治演劇史伝』,伊原敏郎『明治演劇史』

(松平進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村梅玉(2代)の関連キーワード中村福助(高砂屋・4代)中村福助(5世,高砂屋)中村福助(高砂屋・3代)中村福助(高砂屋・5代)中村 富十郎(4代目)中村 玉七(2代目)嵐 橘三郎(4代目)中村 梅玉(2代目)沢村四郎五郎(5代)嵐三右衛門(11代)中村福助(5代目)中村魁春(2代)中村梅玉(3代)中村梅玉(4代)歌舞伎俳優の屋号中村梅玉(3世)中村 福太郎中村 魁車上方歌舞伎中村富十郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android