コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村梅玉 なかむらばいぎょく

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらばいぎょく【中村梅玉】

歌舞伎俳優。3世中村歌右衛門俳名初世として3世代。2世以後の俳名は三雀,屋号高砂屋。(1)2世(1841‐1921∥天保12‐大正10) 京都生れ。本名笹木徳数。1848年(嘉永1)初舞台。何人かの師についたが,68年(明治1)興行師三栄の仲介で3世中村福助(高砂屋系)を襲名,以後人気技量ともに進み,明治30年代には関西の中心的存在となった。1907年梅玉を襲名。堂々たる風貌で演技は重厚であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村梅玉
なかむらばいぎょく

歌舞伎(かぶき)俳優。3世中村歌右衛門(うたえもん)の俳名を初世とする。2世以後の屋号は高砂(たかさご)屋。[服部幸雄]

2世

(1841―1921)京都生まれ。本名笹木徳数。初世中村鴈治郎(がんじろう)と並び、明治中期から大正初期にかけての関西劇壇を代表する名優。1907年(明治40)3世中村福助(高砂屋系)から2世梅玉を襲名。立役(たちやく)と女方(おんながた)を兼ねた。日蓮上人(にちれんしょうにん)をはじめ、『紙治(かみじ)』の孫右衛門(まごえもん)、『毛谷村(けやむら)』の六助、『先代萩(せんだいはぎ)』の政岡(まさおか)、『寺子屋』の千代、『太功記』の操(みさお)などが当り役。晩年はとくに老(ふけ)役がよかった。[服部幸雄]

3世

(1875―1948)大阪生まれ。2世の養子。本名笹木伊之助。優美かつ気品のある女方で、養父とともに初世鴈治郎の一座に加わって娘役を勤めて認められる。1907年(明治40)10月、4世福助を継ぎ、鴈治郎の女房役を勤めて地位を固め、35年(昭和10)1月、3世梅玉を襲名した。初世鴈治郎の没後は東京に出て、15世市村羽左衛門(うざえもん)や6世尾上(おのえ)菊五郎の相手役を勤めて高い評価を受けた。『吃又(どもまた)』のお徳、『河庄(かわしょう)』の小春、『先代萩』の政岡、『合邦(がっぽう)』の玉手御前(たまてごぜん)などが当り芸であった。[服部幸雄]

4世

(1946― )6世中村歌右衛門の甥(おい)、のち養子。1967年(昭和42)、加賀(かが)屋福之助から8世中村福助を襲名、さらに92年(平成4)、4世梅玉を襲名した。りりしい美貌(びぼう)の立役として活躍している。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中村梅玉の関連キーワード中村福助(5世,高砂屋)中村福助(高砂屋・5代)中村福助(高砂屋・3代)中村福助(高砂屋・4代)中村 富十郎(4代目)嵐三右衛門(11代)中村 梅玉(2代目)嵐 橘三郎(4代目)沢村四郎五郎(5代)中村 玉七(2代目)中村福助(5代目)中村梅玉(3代)中村梅玉(3世)歌舞伎俳優の屋号中村魁春(2代)中村梅玉(4代)中村 福太郎中村 魁車上方歌舞伎中村 福円

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村梅玉の関連情報