コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村清二 なかむら せいじ

2件 の用語解説(中村清二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村清二 なかむら-せいじ

1869-1960 明治-昭和時代の物理学者。
明治2年9月24日生まれ。44年東京帝大教授。光学,結晶学,音響学,地磁気学など幅広い研究をおこなう。また法隆寺など文化財の科学的調査で知られる。昭和28年文化功労者。昭和35年7月18日死去。90歳。越前(福井県)出身。帝国大学卒。著作に「物理学実験法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村清二
なかむらせいじ
(1869―1960)

物理学者。福井県生まれ。1892年(明治25)帝国大学理科大学卒業。1900年(明治33)東京帝国大学助教授、1903~1906年ドイツフランスに留学して光学、結晶学を研究、1911年東京帝大理学部教授。1912年(大正1)「偏光を用いてひずみを験する装置」で光弾性実験を行う。また、東洋音楽の理論をはじめ、液体の拡散、湖沼の静振(セイシュ)、三原山火山調査、日光東照宮の鳴き竜の調査、法隆寺などの古文化財の科学的調査、不知火(しらぬい)、魔鏡の研究など広範な分野で活躍。また大学教授二人が四国の丸亀(まるがめ)の一婦人の透視能力を実験して確認し、社会的に話題となった「千里眼事件」(1910)では、科学的研究の擁護のため透視実験を厳しく批判した。『物理実験法』(1934)は名著として知られた。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村清二の言及

【十二律】より

…これらの算法では律管の音響学的性質から音律に多少の誤差が生ずる。そこで田辺尚雄は音響学理論に基づく管口補正を行ったうえで十二律の管長を算出し,中村清二は同じく朱載堉の12等分平均律の管長を算出した。しかし中国では歴代尺度の制が異なるので,十二律の絶対音高は時代によって相違する。…

※「中村清二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村清二の関連キーワード大幸勇吉落合麒一郎杉浦義勝田中務富山小太郎藤原武夫三村剛昂武藤俊之助矢島祐利山田光雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone