コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間判決(読み)ちゅうかんはんけつ(英語表記)Zwischenurteil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間判決
ちゅうかんはんけつ
Zwischenurteil

民事訴訟法上,審理の途中で,終局判決の前提となる訴訟上または実体上の争点についてなされる判決。これを行なうか否かは,裁判所の裁量にゆだねられる。対象となる事項には,独立した攻撃防御の方法に関するもの,中間の争いに関するもの,請求の原因に関するものがある。中間判決は,終局判決をなすについて当該裁判所を拘束する。中間判決は独立して上訴できないので,終局判決に対する上訴で不服を申し立てることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中間判決【ちゅうかんはんけつ】

民事訴訟において,終局判決前に,訴訟の審理中に問題となった個々の争点について判断をしておく判決(民事訴訟法245条)。終局判決をする準備として,中間の争いなどを解決し,審理の整理をはかる趣旨のものであり,既判力執行力はない。
→関連項目判決

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんはんけつ【中間判決】

民事訴訟において,訴訟手続の進行中に審理を整序して終局判決を準備するためになす判決。個別の訴訟につき中間判決をするか否かは,裁判所の訴訟指揮的な裁量によって決められる。実務的には中間判決をせずに,終局判決の理由中でその判断を示すことが多い。しかし中間判決をしたときは,同一審級では,以後その判断に拘束される。すなわち裁判所は中間判決を前提として終局判決をしなければならないし,また当事者も中間判決以降その審級では,判決された問題(事項)に関する訴訟資料を提出できなくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんはんけつ【中間判決】

民事訴訟において、訴訟中に問題となった個々の争点を解決するための判決。争点となった事項について確認し、終局判決の準備として行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中間判決の言及

【判決】より

…(7)裁判事項 以上のように,判決のほうが複雑・慎重な手続をとっているので,請求の当否,有罪か無罪か,訴訟要件(訴訟条件)を具備しているかどうか,など訴訟手続上重要な事項を裁判するのに用いられ,決定・命令は,それ以外の付随的事項,訴訟指揮上の措置,執行に関する事項を裁判するのに用いられている。
[判決の種類]
 (1)民事訴訟 第一審から第三審までの各裁判所が,その審級ごとに事件について最終的に言い渡す判決を,終局判決といい(民事訴訟法243条1項),その終局判決が言い渡されるまで,訴訟手続において中間的に派生した一定の争いを解決する判決を,中間判決という(245条)。終局判決は,事件の全部を解決するか一部を解決するかで,全部判決,一部判決に分かれ(243条2項,3項),また,本案判決,訴訟判決にも分かれる。…

※「中間判決」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間判決の関連情報