コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中院親光 なかのいんちかみつ

4件 の用語解説(中院親光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中院親光
なかのいんちかみつ

[生]延慶1(1308)
[没]天授3=永和3(1377).4.11.
南北朝時代の廷臣。源光忠の子。初名は光房。元徳1 (1329) 年参議。延元1=建武3 (36) 年足利尊氏の上洛を比叡山に避けた後醍醐天皇に従ったが,天皇が吉野に逃走したため,翌年尊氏に捕えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中院親光 なかのいん-ちかみつ

1308-1377 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
延慶(えんきょう)元年生まれ。文保(ぶんぽ)2年後醍醐(ごだいご)天皇の侍従となる。元徳元年参議。天皇が吉野へのがれたのち建武(けんむ)4=延元2年足利方に捕らえられる。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年足利尊氏・義詮(よしあきら)父子と後村上天皇が和睦(わぼく)したとき南朝に,のち北朝につかえ,正二位,権(ごんの)大納言となった。永和3=天授3年4月死去。70歳。初名は光房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中院親光

没年:永和3/天授3.4(1377)
生年:生年不詳
南北朝期の公卿。父は権大納言光忠。初名光房。徳治2(1307)年叙爵。文保2(1318)年に後醍醐天皇の侍従となり,親光と改名。元徳1(1329)年参議。建武3/延元1(1336)年足利尊氏の入京のとき,天皇に従い比叡山に逃れ,和談により天皇と共に帰京。天皇が吉野へ逃れたのち足利方に捕らわれた。観応2/正平6(1351)年足利尊氏,義詮父子が後村上天皇と和睦した際,南朝に仕え権中納言。その後の北朝復活とともに帰京。北朝に仕え,貞治2/正平18(1363)年権中納言。応安5/文中1(1372)年権大納言に任じられ,同7年辞任した。

(相馬万里子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中院親光
なかのいんちかみつ
(1308―1377)

南北朝時代の公卿(くぎょう)。権大納言光忠(ごんだいなごんみつただ)の子。初名光房(みつふさ)。後醍醐(ごだいご)天皇に仕え、正三位(しょうさんみ)参議まで上った。1336年(延元1・建武3)足利尊氏(あしかがたかうじ)が西国より入洛(にゅうらく)した際、叡山(えいざん)に難を避けた天皇に供奉(ぐぶ)し、天皇の吉野潜幸ののち、足利方に捕らえられ、釈放されたが、そのまま昇進させられなかった。51年(正平6・観応2)の尊氏の南朝への降参によって、一時的に南朝による京都回復がなされたいわゆる正平一統(しょうへいいっとう)で南朝の後村上(ごむらかみ)天皇に権中納言に任ぜられたが、のち北朝に戻り、63年改めて権中納言に、72年(文中1・応安5)権大納言に任ぜられた。77年4月4日没。[飯倉晴武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中院親光の関連キーワード園基理正親町実胤園基音六条有栄柳原量光権大納言勧修寺経顕久我長通中院通冬中山親雅

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone