コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山薫 まるやまかおる

7件 の用語解説(丸山薫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸山薫
まるやまかおる

[生]1899.6.8. 大分,大分
[没]1974.10.21. 愛知,豊橋
詩人。東京高等商船学校を中退後,第三高等学校を経て東京帝国大学国文学科中退。第9次『新思潮』に散文を,『椎の木』に詩を発表,第1詩集『帆・ランプ・鴎』 (1932) により詩壇に登場。フランス印象派風の鮮明なイメージをもつ知的,清純な作風は,昭和期における抒情詩新風として迎えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まるやま‐かおる〔‐かをる〕【丸山薫】

[1899~1974]詩人。大分の生まれ。詩誌「四季」の中核の一人として、浪漫的叙情詩に光彩を放った。詩集「帆・ランプ・鴎」「連れ去られた海」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丸山薫【まるやまかおる】

詩人。大分県生れ。東大国文科中退。《帆・ランプ・鴎》(1932年)以下,簡潔な表現のうちに,自己の暗い心象を対象に凝集させる抒情詩を書いた。1934年,堀辰雄,三好達治らと《四季》を創刊,活躍する。
→関連項目三好達治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山薫 まるやま-かおる

1899-1974 昭和時代の詩人。
明治32年6月8日生まれ。昭和7年「帆・ランプ・鴎(かもめ)」を刊行。9年堀辰雄(たつお),三好達治と詩誌第2次「四季」を創刊。詩集はほかに「物象詩集」「点鐘鳴るところ」など。34年愛知大教授。昭和49年10月21日死去。75歳。大分県出身。東京高等商船中退,東京帝大中退。
【格言など】海には花の匂いがする(「朗読ラジオ詩集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まるやまかおる【丸山薫】

1899‐1974(明治32‐昭和49)
詩人。大分市生れ。東大国文科中退。はじめ船員を志し商船学校に学ぶが中退。三高時代,三好達治や梶井基次郎などと知る。東大に入って第9次《新思潮》同人,別に百田宗治の《椎の木》に加わる。つづいて《詩と詩論》《詩・現実》などにも参加。また小説を《文芸レビュー》に発表。1932年,第1詩集《帆・ランプ・鷗》を刊行。原形への夢を知的な文体に包んで昭和抒情詩の一方向を定め,津村信夫立原道造などに影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まるやまかおる【丸山薫】

1899~1974) 詩人。大分県生まれ。堀辰雄・三好達治らと詩誌「四季」を創刊。海への憧れに満ちた詩で知られる。詩集「帆・ランプ・鷗」「青春不在」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸山薫
まるやまかおる
(1899―1974)

詩人。明治32年6月8日大分市に生まれる。内務省官吏であった父の転勤に従い移住を重ね、いつしか「エトランゼエ」の思いがはぐくまれたという。愛知県立四中時代に冒険小説や探検記、海洋文学に熱中し、東京高等商船学校に入学したが、脚気(かっけ)のため除籍。1921年(大正10)第三高等学校文科に入学、桑原(くわばら)武夫、三好達治(みよしたつじ)らと親交を結んだ。25年東京帝国大学国文科に入学、本格的に詩作を始め、百田宗治(ももたそうじ)主宰の『椎(しい)の木』、『詩と詩論』などに参加し、新詩精神運動(レスプリ・ヌーボー)の洗礼を受けた。32年(昭和7)第一詩集『帆(ほ)・ランプ・鴎(かもめ)』を刊行、翌33年堀辰雄(たつお)、三好達治と詩誌『四季』を創刊、『四季』は43年まで続き、昭和叙情詩の主流をなすに至った。45年山形県西村山郡岩根沢に疎開。48年豊橋(とよはし)市に移り、愛知大学文学部講師、59年同教授となった。詩集に『物象詩集』(1941)、『花の芯(しん)』(1946)、『月渡る』(1972)などがある。昭和49年10月21日没。[飛高隆夫]
『『丸山薫全集』全五巻(1976~77・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丸山薫の言及

【四季】より

…第1次は堀辰雄編集,四季社刊,1933年5~7月,全2冊の季刊誌。第2次は堀辰雄,三好達治,丸山薫の共同編集で出発,四季社刊,34年10月~44年6月,全81冊の月刊誌。とくに注目されるのは第2次《四季》で,共同編集者のほか,津村信夫と立原道造が参加して昭和10年代抒情詩の一方向を定めた。…

※「丸山薫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丸山薫の関連キーワード国文大分県大分市生石大分県大分市生石港町大分県大分市賀来大分県大分市国分大分県大分市里大分県大分市津守大分県大分市東大道大分県大分市元町大分県大分市横尾

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸山薫の関連情報