コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波栗 タンバグリ

デジタル大辞泉の解説

たんば‐ぐり【丹波×栗】

丹波地方産の大粒の栗。おおぐり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんばぐり【丹波栗】

丹波地方から産する実の大きなクリ。古来、丹波の名産として知られた。おおぐり。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

丹波栗 (タンバグリ)

植物。ニホングリの通称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

丹波栗[果樹類]
たんばくり

近畿地方、京都府の地域ブランド。
丹波栗は、京都の秋を代表する味覚。平安時代の『延喜式』には宮廷への献上品として、江戸時代には年貢米の替わりとして上納された記録がある。時代ごとに品種選定や栽培技術の改良がなされた。大粒で色つやに優れ、ビタミンBに富む。

丹波栗[果樹類]
たんばくり

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に篠山市丹波市で生産されている。丹波地方では平安時代から栗の栽培がおこなわれており、927(延長5)年の『延喜式』にも栗が大粒であると記載された。江戸時代には、この地で魚の行商をしていた尼崎商人が栗を仕入れて丹波栗の名で西国の武士達に売り、全国的に知られるようになった。一粒は約45gで、つやがある。表皮が薄く渋離れもよいことが特徴。代表的な品種に銀寄せ・長光寺などがある。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

丹波栗の関連キーワード京都府船井郡京丹波町大阪府豊能郡能勢町兵庫県丹波市兵庫県篠山市京丹波(町)篠山(市)篠山[町]丹波(市)丹波〈町〉瑞穂[町]近畿地方純栗羊羹いもくり里志ぐれ丹波国国産栗出落栗賀々女古丹波篠山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android