コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久美浜湾 くみはまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久美浜湾
くみはまわん

京都府北西端,日本海に面する湾。面積 7.3km2,周囲 23km,最大水深 20m。湾口部には,東から西へ小天橋 (しょうてんきょう) と呼ばれる砂州が延び,日本海との出入口は狭い水道を残すだけで,湾というよりも湖に近い形になっている。カキ,ハマチ,エビなどの養殖漁業が行われる。山陰海岸国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くみはまわん【久美浜湾】

京都府北西端,熊野郡久美浜町にある潟湖松江ノ浦,久美ノ浦,久美浜湖ともいう。北東~南西方向の断層によってできたリアス式の海湾の入口を,東からのびてきた砂嘴(小天橋)がほぼ閉じてしまったものであるが,塩分は外海とほぼ同じである。小天橋の東側の延長上の箱(函)石浜では縄文時代~平安時代の様々な遺物が出土し,この付近が古くからの港であったことが知られており,1921年に国の史跡に指定された。潟湖の周囲は約26km,面積約7km2,最大水深23mであるが,流入する佐濃谷川,川上谷川,栃谷川,久美谷川などの運ぶ土砂によって浅くなりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕久美浜湾(くみはまわん)


京都府北西部、日本海に臨む小湾。湾口は小天橋(しょうてんきょう)とよばれる砂嘴(さし)でふさがれ、狭い水道で日本海に通じる。面積7.3km2。カキ・ハマチ・クルマエビの養殖が盛ん。小天橋には海水浴場・キャンプ場があり、湾内は釣りの適地。山陰(さんいん)海岸国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久美浜湾
くみはまわん

京都府北西部の日本海に臨む潟湖。京丹後(きょうたんご)市久美浜町にあり、日本海とは長さ3キロメートルの小天橋(しょうてんきょう)とよばれる砂嘴(さし)によって隔てられる。周囲約20キロメートル、面積約7.1平方キロメートルの袋状の小湾で、湾口の狭い水道によって日本海に通じている。風光に恵まれ、一帯は山陰海岸国立公園の一部であり、また夏は、小天橋は海水浴場としてにぎわう。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久美浜湾の関連キーワードほたいのオートキャンプ場京都府京丹後市日本の国立公園久美浜[町]京丹後(市)久美浜〈町〉キャンプ場奥丹後半島函石浜遺跡海面漁業久美の浦織田武雄ハマチカキ砂州適地湾内

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久美浜湾の関連情報