コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久美浜 くみはま

2件 の用語解説(久美浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久美浜
くみはま

京都府北西端,久美浜湾を囲んで日本海に臨む地区。旧町名。 1894年町制。 2004年4月,峰山町,大宮町,網野町,丹後町,弥栄町と合併し京丹後市となる。農業が中心で,米作のほか果樹栽培や球根をとるためのチューリップ栽培,漁業は湾内でカキ,ハマチなどの養殖が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久美浜
くみはま

京都府北西端、熊野郡にあった旧町名(久美浜(ちょう))。現在は京丹後(きょうたんご)市の南西部を占める一地区。1894年(明治27)町制施行。1951年(昭和26)久美谷村、1955年川上、海部(かいべ)、田(た)、神野(かんの)、湊(みなと)の5村、1958年に佐濃(さの)村を編入。熊野郡全域が久美浜1町となる。2004年(平成16)峰山(みねやま)、大宮(おおみや)、網野(あみの)、丹後、弥栄(やさか)の5町と合併、京丹後市となる(なお、この合併により熊野郡は消滅)。旧久美浜町は、北は日本海に臨み、久美浜湾が湾入する。南西部は丹後山地の一部で、兵庫県に接する。江戸時代には幕府直轄地で久美浜代官所が置かれた。京都丹後鉄道宮豊線、国道178号、312号、482号が通じる。沿岸部は山陰海岸国立公園の一部で、久美浜湾の湾口には小天橋(しょうてんきょう)とよばれる砂嘴(さし)が突出し海水浴場となっている。函(箱)石浜(はこいしはま)砂丘の国指定史跡の遺物包含地(函石浜遺物包含地)からは中国の王莽(おうもう)の貨泉などが出土し、古くから大陸との交渉のあったことを示す。丹後縮緬(ちりめん)を産し、日本海沿岸一帯は果樹、メロン、チューリップの栽培が盛んである。国民保養温泉地の久美の浜温泉などの温泉がある。国指定の重要文化財には、円頓(えんどん)寺本尊の薬師如来(やくしにょらい)坐像および日光菩薩(にっこうぼさつ)像、月光(がっこう)菩薩像(いずれも平安時代)、本願寺本堂(鎌倉時代)、湯舟坂(ゆぶねざか)古墳群の湯舟坂2号墳から出土した金銅装双龍環頭大刀(こんどうそうそうりゅうかんとうのたち)などの出土品がある。[織田武雄]
『『久美浜町誌』(1970・久美浜町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久美浜の関連キーワード久美浜湾京丹後小天橋久美浜港久美浜[町]網野〈町〉久美浜〈町〉京都府京丹後市久美浜町京都府京丹後市久美浜町平田京都府京丹後市久美浜町品田

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久美浜の関連情報