コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九ヵ国条約 きゅうかこくじょうやくNine-Power Treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九ヵ国条約
きゅうかこくじょうやく
Nine-Power Treaty

正しくは「中国に関する九ヵ国条約」 Treaty between the Nine Powers concerning Chinaという。 1922年2月6日調印された中国に関する条約。アメリカの W.ハーディング大統領の主唱のもとに,海軍軍備の縮小問題,および太平洋ならびに極東問題を審議するために開かれたワシントン会議の一成果として,アメリカ,イギリス,フランス,イタリア,日本,中国,ベルギーオランダポルトガルの間に調印された。この条約によって,列国は中国の独立と行政的,領土的保全を約し,門戸開放,機会均等の原則を承認した。これは,中国の国権回復要求に呼応する形で,アメリカが対華二十一ヵ条要求に始る日本の中国侵略に反撃を加えるとともに,19世紀以来のアメリカの対中国外交の基本原則を,条約の形において列国に承認させたことを意味する。また日露戦争以来,特に第1次世界大戦中,中国への独占的進出を強めてきた日本が,この条約を機会に,アメリカにその行く手を大きくはばまれ,一歩後退を余儀なくされたことになり,太平洋戦争にいたる日米関係の重要な争点をなすものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

九ヵ国条約【きゅうかこくじょうやく】

1922年ワシントン会議において日・米・英・仏・伊・中・オランダ・ベルギー・ポルトガルの9ヵ国で結ばれた,中国に関する条約。以後ボリビア,デンマークメキシコノルウェースウェーデンも加わった。
→関連項目天羽声明石井=ランシング協定トラウトマン工作不可侵条約

九ヵ国条約【くかこくじょうやく】

九ヵ国(きゅうかこく)条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうかこくじょうやく【九ヵ国条約 Nine Power Treaty】

1922年2月6日,アメリカ,ベルギー,イギリス,フランス,中国,イタリア,日本,オランダ,ポルトガルの計9ヵ国の間でワシントン会議の一環として調印された条約。中国の主権・独立・領土的行政的保全の尊重,中国における商工業上の機会均等,勢力範囲設定の禁止などを約した。25年8月5日発効。以後ボリビア,デンマーク,メキシコ,ノルウェー,スウェーデンも加わった。この条約は第1次世界大戦後の中国をめぐる国際関係について,アメリカの年来の主張であった門戸開放政策をその準則として樹立し,大戦中の日本の政策に見られたような特殊権益獲得・勢力範囲設定をめざすいわゆる〈旧外交〉を否定したものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

九ヵ国条約の関連キーワードヒューズ満州事変きゅう

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android