コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九品往生 くほんおうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九品往生
くほんおうじょう

阿弥陀如来の住む極楽浄土に生れたいと願う者の9段階 (九品) の往生の仕方をいう。浄土三部経のうちの『観無量寿経』に説かれ,上品上生 (じょうぼんじょうしょう) ,上品中生,上品下生,中品上生,中品中生,中品下生,下品上生,下品中生,下品下生の九品がある。これは悟りにいたるまでの修行の方法,修行する日時,修行によって得る功徳や利益などに各種の差があるところから9段階に分れたものである。なおこれに関連して印相の異なる9体の阿弥陀如来像があり,極楽浄土にも9種の段階があって,九品浄土,九品蓮台などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くほん‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【九品往生】

極楽浄土に往生すること。往生する者に九つ等級があるところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くぼんおうじょう【九品往生】

仏教用語。浄土に往生せんと願う人の性質や行為の差によって,浄土往生に9種の等級をたてることをいう。九品とは,上品上生,上品中生から下品下生にいたる9種で,これらを略して上上品ないし下下品という。畺良耶舎の訳と称されている《観無量寿経》にもとづく。往生のしかたに九品があるのに従って,浄土やその教主の阿弥陀仏にも九品の等級があるとする。不空訳の《九品往生阿弥陀経》もある。【礪波 護】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くほんおうじょう【九品往生】

仏教上の能力や修行の九段階に応じて、九種類の浄土に往生すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九品往生の関連キーワード浄土教美術天台宗能力尊智良源

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android