コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱る/紊る ミダル

1件 の用語解説(乱る/紊るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みだ・る【乱る/×紊る】

[動ラ五(四)]《「乱す」に先行して用いられたが、中世以降「乱す」にしだいに移行した》
秩序をなくすようにする。整っているものを崩す。
「議場を―・らんと企てしが」〈竜渓経国美談
ばらばらにする。散乱させる。
「滝つ瀬に誰白玉を―・りけむ拾ふとせしに袖はひぢにき」〈後撰・雑三〉
平静さをなくすようにする。
「御物の怪などの…人の御心―・らむとて」〈・御法〉
[動ラ下二]みだれる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱る/紊るの関連キーワード与り知る堪る頼る散らかる計り知るダフ・る取乱す抜去る振乱す経巡る