コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱る/紊る ミダル

デジタル大辞泉の解説

みだ・る【乱る/×紊る】

[動ラ五(四)]《「乱す」に先行して用いられたが、中世以降「乱す」にしだいに移行した》
秩序をなくすようにする。整っているものを崩す。
「議場を―・らんと企てしが」〈竜渓経国美談
ばらばらにする。散乱させる。
「滝つ瀬に誰白玉を―・りけむ拾ふとせしに袖はひぢにき」〈後撰・雑三〉
平静さをなくすようにする。
「御物の怪などの…人の御心―・らむとて」〈御法
[動ラ下二]みだれる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

乱る/紊るの関連キーワード乱り・妄り・濫り・猥りおもな枕詞とかかり方刈る萱の・苅る萱の乱れる・紊れるおもな慣用句あいだちなし生いとほし玉の緒の菅の根の貫き止む五月雨る刈り菰のさ乱れ髪生心苦し解き衣の倭文機に嘆き侘ぶ下交へ山菅の煙競べ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android