コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀の尾 カメノオ

5件 の用語解説(亀の尾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめ‐の‐お〔‐を〕【亀の尾】

《形が亀の尾に似るところから》尾骶骨(びていこつ)(尾骨)のこと。
「背中の―のずん(=マンナカ)に是(こ)れほどな疣(いぼ)がある」〈浄・歌祭文
格天井(ごうてんじょう)に使う湾曲した部材。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亀の尾

明治期に生まれた米の品種。山形県庄内の農家・阿部亀治が1897(明治30)年に種の固定に成功し、名づけた。ササニシキコシヒカリあきたこまちひとめぼれなど、大半の米の先祖でもある。昭和の初めが全盛期だったが、新品種に取って代わられ「幻の米」に。新潟県の酒造会社が栽培に取り組み、1983(昭和58)年に純米大吟醸酒「亀の翁(お)」を生んだ。その物語は漫画「夏子の酒」のモチーフになった。

(2013-03-15 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かめのお【亀の尾】

福岡の日本酒。酒名は、蔵元が幻の酒米といわれた「亀の尾」を復活させたことに由来。大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒などがある。原料米は亀の尾、山田錦、レイホウ。仕込み水は蔵内の地下水。蔵元の「伊豆本店」は享保2年(1717)創業。所在地は宗像市武丸。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

亀の尾

米の品種のひとつ。山形県の阿部亀治が1893年に在来種惣兵衛早生から選抜した。食味が良く東日本で広く栽培されたが、のちに減少した。酒造適正米としても評価されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かめのお【亀の尾】

〔形が亀の尾に似ることから〕 尾骶骨びていこつ。 〔日葡〕
折り上げ格天井ごうてんじようの折り上げ部分にある曲線上の格縁ごうぶち

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀の尾の関連キーワード庄内おばこだだちゃ豆山形県東田川郡庄内町跡山形県東田川郡庄内町余目山形県東田川郡庄内町清川山形県東田川郡庄内町田谷山形県東田川郡庄内町中野山形県東田川郡庄内町払田山形県東田川郡庄内町三ケ沢阿部亀治

亀の尾の関連情報