コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀の尾 カメノオ

5件 の用語解説(亀の尾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめ‐の‐お〔‐を〕【亀の尾】

《形が亀の尾に似るところから》尾骶骨(びていこつ)(尾骨)のこと。
「背中の―のずん(=マンナカ)に是(こ)れほどな疣(いぼ)がある」〈浄・歌祭文
格天井(ごうてんじょう)に使う湾曲した部材。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

亀の尾

明治期に生まれた米の品種。山形県庄内の農家・阿部亀治が1897(明治30)年に種の固定に成功し、名づけた。ササニシキコシヒカリあきたこまちひとめぼれなど、大半の米の先祖でもある。昭和の初めが全盛期だったが、新品種に取って代わられ「幻の米」に。新潟県の酒造会社が栽培に取り組み、1983(昭和58)年に純米大吟醸酒「亀の翁(お)」を生んだ。その物語は漫画「夏子の酒」のモチーフになった。

(2013-03-15 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かめのお【亀の尾】

福岡の日本酒。酒名は、蔵元が幻の酒米といわれた「亀の尾」を復活させたことに由来。大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒などがある。原料米は亀の尾、山田錦、レイホウ。仕込み水は蔵内の地下水。蔵元の「伊豆本店」は享保2年(1717)創業。所在地は宗像市武丸。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

亀の尾

米の品種のひとつ。山形県の阿部亀治が1893年に在来種惣兵衛早生から選抜した。食味が良く東日本で広く栽培されたが、のちに減少した。酒造適正米としても評価されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かめのお【亀の尾】

〔形が亀の尾に似ることから〕 尾骶骨びていこつ。 〔日葡〕
折り上げ格天井ごうてんじようの折り上げ部分にある曲線上の格縁ごうぶち

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀の尾の関連情報