コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱り イキリ

デジタル大辞泉の解説

いきり【熱り】

熱気。湯気。いきれ。
「コークスが炎天に―を上げて」〈谷崎・悪魔〉

ほとおり〔ほとほり〕【熱り】

熱気を発すること。また、その熱気。
「―を避りて居たるときに」〈神代紀・下〉
ほとぼり1」に同じ。
「早玉の緒も切れ果てて…、―ばかりにて」〈浄・堀川夜討
ほとぼり2」に同じ。
「泰衡退治の奥州御陣、―冷めぬ武士ども」〈浄・扇八景〉

ほとぼり【熱り/余熱】

さめきらずに残っている熱。余熱。「かまどに―が残る」
高ぶった感情や興奮などのなごり。「いまだ―のさめやらぬ面持ち」
事件などがおさまったのち、しばらく残っている世間関心。「―がさめるまで謹慎する」

ほとり【熱り】

熱くなること。熱を帯びること。また、熱。
「―ヲ冷マス」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いきり【熱り】

いきれ(熱) 」に同じ。 「光秀は太刀の-を冷さまさんと/浄瑠璃・太功記」

ほとおり【熱り】

〔動詞「熱ほとおる」の連用形から〕
熱気。また、体の熱。 「火を放けて室を焚く。…次に-を避る時に/日本書紀 神代下訓
ほとぼり 」に同じ。 「早玉の緒も切れ果てて…-ばかりにて/浄瑠璃・御所桜」
ほとぼり 」に同じ。 「泰衡退治の奥州御陣、-さめぬ武士共馬印旗印/浄瑠璃・扇八景」

ほとぼり【熱り】

まだ残っている熱。余熱。ほとおり。 「山々も、日中の-を返してゐるのであらう/偸盗 竜之介
高まった感情が尾を引いて残っていること。ほとおり。 「感激の-が未ださめやらぬ」
事件などに対する世人の関心。 「 -がさめるまで姿を隠す」

ほとり【熱り】

〔動詞「熱ほとる」の連用形から〕
熱くなること。熱気をおびること。熱さ。 「 -ヲサマス/ヘボン」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熱りの関連キーワード木村方則コークスかまど連用形浄瑠璃興奮余熱姿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android