コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十四組問屋 にじゅうよくみどんや

5件 の用語解説(二十四組問屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十四組問屋
にじゅうよくみどんや

大坂菱垣廻船積問屋二十四組ともいう。大坂の江戸積問屋仲間。元禄7 (1694) 年江戸の十組問屋 (とくみどんや) とほぼ同時期に結成され,最初は 10組であったが享保年間 (1716~36) に 24組となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にじゅうよくみ‐どいや〔ニジフよくみどひや〕【二十四組問屋】

江戸時代、大坂の江戸積問屋の仲間。17世紀末に成立。当初10組、のち24組。同じころ成立した江戸の十組問屋(とくみどいや)と結んで、大坂から江戸へ積み出す荷物を独占的に取り扱った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二十四組問屋【にじゅうしくみどんや】

二十四組積荷問屋とも。江戸時代の大坂の株仲間組合。江戸の十組(とくみ)問屋と結び大坂から江戸へ積み出す荷物を独占的に扱い,菱垣(ひがき)廻船で輸送。17世紀末には10組だったが,のち24組。
→関連項目問屋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうしくみどんや【二十四組問屋】

江戸時代,大坂において菱垣(ひがき)廻船による大坂・江戸間の商品輸送を独占した買次問屋で,大坂二十四組問屋,二十四組江戸積問屋とか,大坂表買次問屋,二十四組買次問屋などともいった。江戸十組(とくみ)問屋の注文に応じて,大坂で江戸積商品を集荷し,この仕入荷物を運送にあたる大坂菱垣廻船問屋に託することを業務とした。その発端は,1694年(元禄7)に江戸の大坂屋伊兵衛発起人となって江戸の菱垣廻船積合荷主が協議し,江戸十組問屋を結成したが,それに対応して,大坂においても十組問屋が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にじゅうよくみといや【二十四組問屋】

一七世紀末、江戸における十組問屋の成立に対応して大坂に結成された菱垣廻船を輸送手段とする積荷問屋の連合体。結成当初は一〇組であったが、享保年間(1716~1736)に二四組に拡張され、のち株仲間の認可を受けた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone