コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油問屋 あぶらどんや

世界大百科事典 第2版の解説

あぶらどんや【油問屋】

近世,油を取り扱う問屋の総称。この時代の油市場の中心は大坂であり,政治的には江戸市中での照明用として灯油の需要を満たすことが最重要な課題であった。大坂における油市場成立の背景には,大坂およびその周辺地域での絞油業がいちじるしく展開したことが影響している。大坂の油の流通機構として,絞油原料であるナタネ,綿実を扱う両種物問屋と,油そのものを取り扱う油問屋がある。両種物問屋は享保(1716‐36)ごろに設立されたが,菜種問屋と綿実問屋とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油問屋
あぶらどいや

江戸時代、油(灯油)を扱う問屋の総称。関連して原料を扱う種物問屋があった。油は、中世では荏胡麻(えごま)油が一般的であったが、江戸時代になると菜種油(水油)と綿実油(白油(しろあぶら))が主流となり、大坂が市場の中心となった。油問屋は販路により、京口油問屋・江戸口油問屋・出油屋(であぶらや)に区別された。京口油問屋は1616年(元和2)ごろ成立し、大坂から京都・伏見へ油を出荷、江戸口油問屋は1617年に成立し、最大の消費地である江戸への供給を担った。出油屋は延宝年間(1673~1681)に摂津・河内・和泉・大和など大坂周辺の絞油屋(しぼりあぶらや)からの出店として始まり、正徳年間(1711~1716)には西国で産出されるすべての油の荷受機関となった。幕府は、江戸で用いられる灯油の需要を満たすため、「明和の仕法」などさまざまな油の流通統制を行った。1827年(文政10)には楢原謙十郎を大阪に派遣し、油の流通状況を調査させ、1832年(天保3)には「油方御改革」を行った。これにより大坂油市場を構成する京口油問屋・江戸口油問屋・出油屋は、油問屋に統合された。[藪田 貫]
『津田秀夫著『封建経済政策の展開と市場構造』新版(1977・御茶の水書房) ▽平川新著『開国への道』(『日本の歴史12』所収・2008・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の油問屋の言及

【油】より

…こうして61年(宝暦11)までに大坂両種物問屋30軒(菜種問屋20軒,綿実問屋10軒),出油屋13軒の指定がなされ,諸国積登せ種物・油の取扱い独占が確立した。また出油屋に出された諸国の油と大坂・灘目で絞った油はすべて大坂両油問屋(江戸口・京口)の手で江戸積み(江戸・東海道),京積み(大坂とその周辺・京)する流通機構も整った。その後さらに66年(明和3)に,在々絞油屋の全面禁止がなされる。…

※「油問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

油問屋の関連キーワード二十四組問屋(にじゅうしくみどんや)国分勘兵衛(4代)中尾 都山(初代)中尾都山(1世)江戸時代(年表)三野村利左衛門綿実絞油屋小倉 常吉京口油問屋上小高島大浦お慶下山応助北庭筑波小倉常吉京町堀商人油売お頼油屋音羽

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油問屋の関連情報