二酸化マンガン(読み)にさんかまんがん(英語表記)manganese dioxide

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二酸化マンガン
にさんかまんがん
manganese dioxide

マンガンと酸素の化合物。酸化マンガン(Ⅳ)ともいう。化学式MnO2、式量86.9。天然に軟マンガン鉱(β(ベータ)型、パイロリュース鉱ともいう)および硬マンガン鉱(α(アルファ)型)として産出。正方晶系のルチル型構造(β型)のほかに多くの変態が知られているが、β型およびγ(ガンマ)型が普通。過マンガン酸カリウムを過酸化水素で還元してα型が得られる。硝酸マンガン(Ⅱ)を酸素気流中で約150℃に加熱するとβ型が得られ、硫酸マンガン(Ⅱ)の硫酸酸性水溶液を電解するか、マンガン(Ⅱ)塩水溶液の低温酸化によってγ型が得られる。いずれも灰色から灰黒色の粉末。MnO1.93のようなベルトライド化合物が知られる。両性酸化物であるが希酸やアルカリに作用しにくく、水にも溶けない。β型の比重5.03。かなりの導電性がある。アルカリ性でマンガン(Ⅱ)化合物の酸化またはマンガン(Ⅶ)化合物の還元により、水和物MnO2・2H2Oが沈殿する。酸化剤となる。γ型が乾電池の減極剤に用いられる。マッチ、花火の材料となり、ガラスの青色を消すのに、また乾性油の製造などに用いる。実験室で酸素発生の触媒、有機化学の分野でアルコールの酸化などに用いる。

[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

二酸化マンガン
ニサンカマンガン
manganese dioxide

MnO2(86.94).酸化マンガン(Ⅳ)ともいう.灰色~灰黒色の粉末.天然にはパイロルース鉱として産出する.実験室では,硝酸マンガン(Ⅱ)を空気中で約530 ℃ に加熱分解酸化してつくる.過マンガン酸アルカリを塩基性水溶液中で還元すると水和酸化物の形で生成する.正方晶系,ルチル型構造.密度5.03 g cm-3.比電気伝導率0.16 Ω-1 cm-1(0 ℃).水に不溶.空気中で安定であるが,加熱すると酸素を放って分解する.酸化作用が強く,濃塩酸に溶けて塩素を発する(塩素の製法).また,過酸化水素の酸性水溶液から酸素を発生して Mnとなる.過酸化水素水の分解,塩素酸カリウムの熱分解の触媒,金属マンガンおよびマンガン塩の原料,マンガン鋼,乾電池,マッチ,塗料,うわぐすり,ガラスの着色剤,媒染剤などに用いられる.[CAS 1313-13-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

二酸化マンガン【にさんかマンガン】

化学式はMnO2。比重5.026。水に不溶の黒色粉末。高温に熱すると分解し酸素を発生。強酸化剤。酸に不溶,塩酸と熱すると溶けて塩素を発生させる。釉薬(ゆうやく),マッチ,乾電池の減極剤,ガラスの着色および脱色,ボイル油のドライヤーなどに使用。天然には軟マンガン鉱として産出。硝酸マンガンを長時間熱してつくる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にさんか‐マンガン ニサンクヮ‥【二酸化マンガン】

〘名〙 (マンガンはMangan) マンガンの酸化物。化学式 MnO2 灰黒色の粉末。天然には軟マンガン鉱として産出。酸化剤、染料、釉、マッチ、乾電池、マンガン鋼の材料として利用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二酸化マンガンの言及

【酸化マンガン】より


[酸化マンガン(IV)]
 化学式MnO2。二酸化マンガンともいう。多数の変態がある。…

※「二酸化マンガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android