コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色の賤 ごしきのせん

3件 の用語解説(五色の賤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五色の賤
ごしきのせん

古代日本の令制に規定された5種類の賤民。陵戸 (治部省被管の諸陵司に属し,天皇,皇族の陵墓の守衛にあたったもの) ,官戸家人,公奴婢,私奴婢の5種で,当時の社会の最下層に属し,朝廷,社寺,貴族の労力源であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしき‐の‐せん【五色の×賤】

律令制で、5種類の賤民。陵戸(りょうこ)官戸(かんこ)家人(けにん)公奴婢(くぬひ)私奴婢。このうち家人・私奴婢は私有民。五賤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五色の賤
ごしきのせん

日本古代の律令(りつりょう)制における賤民身分。『養老令』の戸令(こりょう)には官有賤民の陵戸(りょうこ)・官戸(かんこ)・公奴婢(くぬひ)、私有賤民の家人(けにん)・私奴婢(しぬひ)の5種が定められている。陵戸は奴隷ではないが、他は奴隷または奴隷的な存在であった。それぞれ同身分間の婚姻を強制されていた。律令に定められた賤民制度は、9世紀には解体していった。[石上英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五色の賤の言及

【被差別部落】より

…その際,中国の隋・唐や朝鮮の高句麗・新羅・百済などでの実際例が参考にされたとみられているが,670年(天智9)に作られた日本最初の戸籍である《庚午年籍(こうごねんじやく)》に〈良〉と〈賤〉の区別が初めて明記された(ついでながら当時はまだ〈賤民〉の語はなく,これは比較的新しい時代に用いられだした語である)。律令制下の賤身分に位置づけられていたのは,〈五賤(ごせん)〉または〈五色(ごしき)の賤〉と総称された5種類の身分であった。それを上位から順に追うと,天皇(大王=オオキミ)・皇族の墓の守衛に専従した〈陵戸(りようこ)〉,なんらかの理由によって〈良〉身分を奪われ,官奴司(やつこのつかさ∥かんぬし)に所属して雑用に従事した〈官戸(かんこ)〉,貴族に隷属した〈家人(けにん)〉,官奴司に隷属して雑用に従事した〈公奴碑(くぬひ)〉,個人の所有下におかれて雑用に従事した〈私奴婢〉であった。…

※「五色の賤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五色の賤の関連キーワード陵戸拘置監懲役監官賤禁錮監私賤局方塩陵戸・守戸良賤法コンパルソリーダンス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone