五辛(読み)ごしん

精選版 日本国語大辞典「五辛」の解説

ご‐しん【五辛】

〘名〙 仏語。五種の、辛味や臭のある野菜。忍辱(にんにく)、葱(ねぎ)、韮(にら)、浅葱(あさつき)辣韮(らっきょう)などの五種をいう。仏教では、色欲や怒りの心などが刺激され助長されるとして、僧尼がこれらを食べることを禁じた。五葷(ごくん)
※令義解(718)僧尼「凡僧尼飲酒。食宍。服五辛者」 〔荊楚歳時記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五辛」の解説

五辛
ごしん

仏教で食べることを禁じられていた5つの辛みのある野菜。五葷 (ごくん) ともいう。にら,ねぎ,にんにく,らっきょう,はじかみ (しょうが,さんしょう) をいう。この食物タブーは,現在ではほとんど意味をもたなくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android