井上 日召(読み)イノウエ ニッショウ

20世紀日本人名事典の解説

井上 日召
イノウエ ニッショウ

明治〜昭和期の国家主義者,右翼活動家 血盟団指導者。



生年
明治19(1886)年4月12日

没年
昭和42(1967)年3月4日

出生地
群馬県川場村

本名
井上

別名
号=日象

学歴〔年〕
東洋協会専門学校(現・拓殖大)中退

経歴
明治43年満州に渡り、満鉄に勤務しながら参謀本部の諜報活動に従事。中国各地を歩き、第1次大戦中、ドイツ領の青島に潜入して功績を上げた。大正10年帰国、日蓮宗に帰依し、国家革新運動に走り、上杉慎吉の建国会に入ったりしたが、昭和3年茨城県大洗の立正護国堂にこもって禅を修行。藤井斉をリーダーとする海軍の革新将校橘孝三郎らと知り、5年藤井の依頼で西田税らと郷士会を結成。6年陸軍のクーデター計画3月事件、10月事件が未発に終わり、7年一人一殺血盟団を結成。同年2月9日小沼正が前蔵相井上準之助を射殺、3月5日には菱沼五郎が三井合名理事長の團琢磨を暗殺、井上は自首、無期懲役となったが15年出獄。翌16年三上卓、四元義隆らと「ひもろぎ塾」を設立。戦後29年に護国団を創立、団長。著書に獄中手記「梅の実」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

井上 日召 (いのうえ にっしょう)

生年月日:1886年4月12日
明治時代-昭和時代の国家主義者
1967年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上 日召の関連情報