井上勤(読み)いのうえつとむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上勤(いのうえつとむ)
いのうえつとむ
(1850―1928)

翻訳家。徳島に生まれる。オランダ人ドンケル・クルチウスに英語を学び、神戸で通訳となり、ドイツ領事館に勤めたのち、1881年(明治14)大蔵省関税局翻訳掛(ほんやくがかり)、83年文部省に移り、宮内省、元老院など官界を歩く。その間ジュール・ベルヌ『九十七時二十分間月世界旅行』(1880)、『亜非利加内地三十五日間空中旅行』(1883)、『白露革命外伝自由の征矢(そや)』『六万英里海底旅行』(1884)、『通俗八十日間世界一周』(1888)、シェークスピア『人肉質入裁判』(1883)など英書から翻訳し、明治初期の西洋文学紹介に大きく貢献した。のち実業家となるが成功せず、神戸で死去。[富田 仁]
『柳田泉著『明治初期翻訳文学の研究』(1959・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android