井手町(読み)いで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井手〔町〕
いで

京都府南部,木津川東岸の町。 1927年町制。 58年多賀村を編入。木津川の沖積平野とその東の台地,山地から成る。農業を主とし,米作や野菜・果樹栽培にも力を入れている。京都,大阪,奈良の市街地に近いため宅地開発も著しい。町を貫流して木津川に注ぐ井手の玉川は,古来和歌に詠まれているヤマブキの名所で,日本六玉川の1つ。 JR奈良線,国道 24号線 (奈良街道) が通る。面積 18.04km2。人口 7910(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井手町の関連情報