コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高秀 きょうごく・たかひで

1件 の用語解説(京極高秀の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

京極高秀

没年:明徳2/元中8.10.11(1391.11.7)
生年:嘉暦3(1328)
南北朝時代守護大名。導誉の子で,兄秀綱や秀宗が若くして戦死したため,京極家を継ぐこととなる。高秀は導誉の死後,出雲国や飛騨国の守護に補任されるとともに,評定衆や侍所頭人にも任命されている。室町幕府内部における権限は大きく,特に康暦1(1379)年の康暦の政変では,管領細川頼之追放の首謀者のひとりとして暗躍している。なおこの事件によって,一時近江(滋賀県)の甲良にある居館に逼塞していたが,将軍足利義満に赦免されて再び政治の中枢に関与した。<参考文献>『東浅井郡志』1巻

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京極高秀の関連キーワード守護大名山名今川頼貞菊池兼朝京極高数京極高詮京極秀綱貞真実綱六角氏頼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone