コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人穴 ヒトアナ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐あな【人穴】

火山のふもとなどにある洞穴溶岩の表面が固まり、内部の固まっていない部分が流出してできたもの。昔、人が住んだといい、富士山北西麓に「富士の人穴」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひとあな【人穴】

静岡県富士宮市北方,富士山西麓の朝霧高原にある溶岩トンネル。長さ約70m,横断面はかまぼこ形をしている。富士山の側火山犬涼(いぬすずみ)山から流出した玄武岩質の溶岩流に生成した洞で,高温で流動性の高い溶岩の表面が冷却固化し中央部で溶岩が流出したあとに,トンネル状に空洞が残されたもの。富士山麓にはこうした溶岩トンネルが約100ヵ所知られ,一部は風穴,氷穴とも呼ばれる。人穴と同じ溶岩流内にも富士山麓最大規模の三ッ池穴をはじめ船穴,新穴,姥穴などの溶岩トンネルがある。

ひとあな【人穴】

火山のふもとなどにある洞穴,すなわち溶岩トンネルのことで,富士山の西北麓の〈富士の人穴〉が有名である。《吾妻鏡》に,建仁3年(1203)6月3日源頼家の富士の巻狩りの際に,新田四郎忠常(仁田忠常)がこの人穴を探るよう命じられ,主従6人で行くが,穴の奥に大河があり,波が逆巻いていて渡れず,そこでたいまつで川向うを照らすと奇特が見えた。するとたちまちに郎従4人は急死し,忠常は将軍から受けた剣を川に投げ入れ,翌日やっと戻ることができたと語られ,ここが〈浅間大菩薩の御在所〉であるという古老の話が付されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひとあな【人穴】

火山のふもとなどにある洞穴。溶岩流の表面が固まったのち内部が流れ出て穴になったもの。昔、人が住んだといわれる。富士山北西麓の「富士の人穴」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕人穴(ひとあな)


静岡県富士宮(ふじのみや)市、富士山西麓(せいろく)にある溶岩洞穴。富士山の側火山の溶岩流によって形成された。長さ約90m。『吾妻鏡(あづまかがみ)』に探検記録がある古い洞穴。富士講の開祖長谷川角行(はせがわかくぎょう)が修行した地で、その墓がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人穴の言及

【富士信仰】より

…かぐや姫伝説は富士信仰の女神と同一視されて,人口に膾炙(かいしや)していたのである。 一方,富士の人穴(ひとあな)も聖地視されており,俗人の近づけぬ場所であった。《吾妻鏡》に仁田四郎忠常の一行が人穴に入り,ふしぎな体験をしたあげく,たたりにあったことが記されている。…

【富士の人穴】より

…御伽草子。《仁田四郎》《富士の人穴草子》ともいう。正治年間(1199‐1201),和田平太胤長は源頼家の命を受け,見知る者のない富士の人穴に入るが,十二単衣に身を飾り機を織る女房が現れ出て追い返されてしまう。…

【人穴】より

…富士山麓にはこうした溶岩トンネルが約100ヵ所知られ,一部は風穴,氷穴とも呼ばれる。人穴と同じ溶岩流内にも富士山麓最大規模の三ッ池穴をはじめ船穴,新穴,姥穴などの溶岩トンネルがある。人穴は《吾妻鏡》にも記載され,源頼家の命により仁田忠常が探検したとある。…

※「人穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人穴の関連キーワード甲賀三郎(語り物の主人公)富士の人穴草子文武二道万石通穴穂部間人皇女富士宮(市)長谷川角行諏訪の本地甲賀三郎浅間神社生やす富士講火山生す

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android