コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今良 コンリョウ

4件 の用語解説(今良の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こん‐りょう〔‐リヤウ〕【今良】

律令制で、賤民から良民となった者。主殿寮(とのもりょう)に属し、皇居の掃除などの雑役に従事した。こんら。ごんろう。

ごん‐ろう〔‐ラウ〕【良】

こんりょう(今良)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごんろう【今良】

日本古代の身分の一つ。日本古代の官有賤民である官奴婢(公奴婢。官有賤民は,陵戸を別にすれば,官奴婢が中心で官戸は少数であった)は8世紀半ば以降,集団的に解放(放賤従良)されて良民とされていった。しかし,解放後も今良という新しい隷属身分を与えられ,大部分は引き続き官奴婢と同様に内裏・後宮や中務・宮内省系諸官司での火炬・水汲・担夫などの労役に従事させられた。今良とは新たに良民になったものという意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんら【今良】

律令制下、賤民から解放されて良民となった者。主殿寮とのもりように属し、掃除・水汲みなど雑役に従事した。こんりょう。ごんろう。いままいり。いまよし。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の今良の言及

【賤民】より

奴婢は奴隷的存在形態自体により卑賤視されたのであるが,官有賤民の場合には罪の穢に対する卑賤観も働いていたと考えられる。8世紀半ばの官有賤民の今良(ごんろう)身分への解放を端緒として,789年(延暦8)には良賤間の所生子を良民とすることに改めてから,陵戸以外の官私賤民は激減し,律令賤民制は解体していったが,卑賤観念や穢の観念により人間を差別し賤民身分とすることは,平安中期以降の新たな賤民制の出発点となったのである。奴隷被差別部落【石上 英一】。…

※「今良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今良の関連情報