(読み)チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう【仲】[漢字項目]

[音]チュウ(漢) [訓]なか
学習漢字]4年
〈チュウ〉
人と人との間に立ってとりつぐこと。なかだち。「仲介仲裁
兄弟の二番目。「仲兄伯仲
まんなか。「仲秋仲春
〈なか〉「仲間仲買人恋仲
[難読]仲人(なこうど)

なか【仲】

《「」と同語源》人と人との間柄。「のよい友達」「気楽な」「犬猿の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐・す【仲】

〘他サ変〙 なかだちをする。媒介をする。手引きをする。
狭衣物語(1069‐77頃か)三「いみじき盗人といふとも、ちうする人ありてこそ、入るなれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲の関連情報